羊の味噌汁は、いかが?

c0050395_21291676.jpg

この羊羹は『収穫祭』っていう名があります。
いも羊羹と栗蒸し羊羹を流し合わせてあります。
実は、高校生たちとコラボレーションしてできた和菓子なんです。
二つの風味が楽しめる学生らしいアイデアでしょ。
高校のイベントで実際に学生たちが販売したオリジナル商品です。

お客さまのお茶菓子に出す時も
こんな風に、一口サイズに切り分けて黒文字で刺すと
お洒落で食べやすい羊羹になります。




c0050395_21295216.jpg
羊羹って・・・ホントに変な漢字だな〜って思うのです。
なんで、『ひつじ』なんだろう???
で、和菓子の文献で調べてみたら載ってました。
和菓子のほとんどは、中国から伝来したもので羊羹も、もともとは汁物として伝えられたものらしいのです。
羊羹の羹の字は、『あつもの』って読み方があって、そもそもは肉を煮た熱い汁を意味する言葉。
古文書「貞丈雑記」によれば、『羹の汁は皆たれ味噌の汁なり』と、あります。
今で言う味噌汁の具が、四十八羹と呼ばれる生物の名をつけたもので、羊羹も、その一種類だというのです。つまり、羊羹の先祖は羊の味噌汁だったわけ。

ってことは、四十八種類の生き物の具が、あったのかな〜???
これ以上のことは、記載されてないので、想像するしかない。

豚肉は、もちろん豚汁?じゃなくて『豚羹(とんかん)』
牛肉の味噌汁『牛羹(ぎゅうかん)』鶏肉は『鶏羹(けいかん)』か?
このへんは、当然あっただろうし、食文化が盛んな昔の中国だから『馬羹(ばかん)』とか『鳩羹(きゅうかん)』とヤギとか猿とか・・・考えていくと、とんでもない生き物まで味噌汁の具になってしまいそう。

さてさて、平安時代なぜだか『羊羹(ようかん)』だけが残ってしまう。
羹の中で一番美味しいとされるとか、一番代表的であるとか、諸説伝えられているようだけど、真意のほどは定かじゃない。
ただ、当時のわが国は肉食を好まない習慣があったので、形と色だけ似せて植物性のものに変えて伝えられてきました。
その後、点心として茶道に取り込まれると、今度は汁気が嫌われ蒸し物に変化します。
そして、だんだん、お菓子の羊羹として姿を変えてくることになるのです。
もとをたどったら、大変壮大な話になってしまいました。

写真は、吉野の代表的な羊羹『大粒栗々蒸し羊羹』秋〜冬のみの限定発売です。


[PR]
Commented by chili at 2005-03-16 19:10 x
昨日はお越しいただきましてありがとうございました。それにしても、羊羹のいわれがそうだったとは驚き。それから、勝手にリンク貼らせていただきました。すみません。やっぱり日本人なんで和菓子大好き。では、また遊びにきます。
Commented by smakimakiy at 2005-03-16 19:45
面白いですね、羊羹が羊の味噌汁だったなんて。
言葉だけが残り、物が変化する。
他にもいっぱいあるでしょうね。こういうこと。
しかし“大粒栗々・・・”、名前からそそられます。
Commented by wagashi_yoshino at 2005-03-16 21:48
●chiliさん
リンクありがとうございます。これからも和菓子にまつわるいろんなこと
紹介できればと思ってます。
なんで『ひつじ』なのかって、前から疑問でした。
少しはすっきりしました。
Commented by wagashi_yoshino at 2005-03-16 21:56
●smakimakiyさん
実は和菓子って、おかしな名前の漢字が多いので機会があれば
また取り上げていきますね。
大粒栗々蒸し羊羹、人気商品ですよ~。
柔らかな特大粒のふくませ栗をホールで四粒埋め込んでます。
羊羹の中にも、刻み栗を入れてますので、とても美味しいんですよ。
Commented by sayagata-kissa at 2005-03-17 23:56
yoshinoさん、はじめまして(´▽`*)
和菓子+お茶好きのsayagataと申します。

あぁ、こういう、為になるブログを待っていたのヨ!という感じの
内容を拝読し、早速リンクを貼らせて頂きました。

事後承諾ですが、差し支えなかったでしょうか。

私は、高~い授業料払って、某料理教室の和菓子師範科を卒業
しましたが、yoshinoさんの羊羹のご説明の方が格段よく分かり
ました(;´д`)ゞ

これからも色々教えて下さい。

取り急ぎご挨拶まで。
Commented by wagashi_yoshino at 2005-03-18 11:05
●sayagata-kissaさん
おはようございます。
和菓子習っていらっしゃるんですね。
東京に6年いましたので、もしかしたらわたしの知ってる方が講師かもしれませんね。

さっそく、リンクしていただきありがとうございます。
同業の人たちも見るかもしれませんので、その人たちにも
楽しく読んでいただけるようなブログにできたらと思ってます。
こちらにも、東京の情報いろいろ教えてくださいませ。
by wagashi_yoshino | 2005-03-15 22:34 | 特別な御注文 | Comments(6)

駿河湾の潮風に吹かれて。海辺の町の和菓子屋blog。手づくり工房から和菓子の愉しさ紹介します。


by wagashi_yoshino