茶席上生菓子『春の記憶』

c0050395_28940.jpg


本日の和菓子
茶席上生菓子『春の記憶』

春も盛り、温む水の上に散る花びらは名残桜。

この水輪の意匠も季節に関係なく使えるカタチ。
自家製あんの小豆こしあんを芯に包み
水面の木型で打ち出します。

温かな感じに染め分けてぼかした色合い。
桜の花弁が全体を引き締めている
過ぎ去っていく春を表現した上生。

本来なら『水温む』とか
『名残桜』なんて名が相応しいのでしょうが
少し気分を変えてみたくなりました。

PTA役員になってからというもの
娘の通う学校に足を運ぶ回数が増えてきました。
会合や作業、そこで使う時間も増えています。

今までの生活とのバランスを取るのが意外に難しい。
コレばかりはマイペースというわけには
いきませんからね・・・(笑)
仕事に「シワ寄せ」が来るので
その分上手くこなさなければ・・・。
慣れるのにも、もう少し時間がかかりそうです。


[PR]
Commented by miyo at 2009-04-21 13:40 x
ご苦労様です~大人も1年生は大変ですよね^^

このお菓子を見て、子供の頃にどこにでもあった水たまりに落ち葉や
花びらが落ちて小さいながらも水輪がきれいにできて行くことが
楽しくて、時間を忘れて自分でもたくさんの花びらを落としたことを
思い出しました。
動きと暖かさを存分に感じる一品ですね。
Commented by amamori120 at 2009-04-21 20:32
可愛くも上品な、お菓子ですね。
さすが吉野師匠の作品です♪
Commented by y-haramaki at 2009-04-21 22:20
そうか~。和菓子には、名前をつけるんですね。商品というより、芸術品ですね。
色のぼかし加減や色合いが素敵ですね!
さすが~。
色の組み合わせなんて和菓子職人さんのセンスの見せ所ですよね。
私も予想通りPTAの役が回ってきました。そしてスポーツ少年団の役と、今年は上手く自分の時間をコントロールしなくっちゃ!
お互い頑張りましょうね。
Commented by マミー at 2009-04-21 23:00 x
「春の記憶」まるで素敵な装丁がされた本の題名のようですね。


和菓子の木型ってすごいですね。
先日かっぱ橋の菓子道具屋で木型職人の仕事にしばらく見とれていました。

そして一つの木型でもいろいろな表情を持つ和菓子を作りだすプロの仕事 感動です。
「春の記憶」 美里ちゃんの姿と共にしっかりとわたしの春の記憶になりました。ありがとうございます。
Commented by vivaboca at 2009-04-22 03:11
春の記憶の名どおり、初夏を思わす色合いにはっとしました! もう5月はそこまで来ていますものねー。ちょこんとのった桜の一片も可憐。あー、お茶会に出たくなりました。
それから・・・PTAと仕事の両立!?頑張ってくださいね、パパさん。
Commented at 2009-04-22 05:22 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by wagashi_yoshino at 2009-04-22 11:59
●miyoさん
久しぶりの一年生です(笑)これも「いい経験なんだ」と思い、どちらか
というと親同士の子育て交流を楽しむようにしています(笑)
>>子供の頃にどこかにあった・・・それぞれ心の中に、楽しくて大切
な「春の記憶」があるわけですね。感受性豊かなmiyoさんの心の中の
原風景を垣間見た感じですよ。
Commented by wagashi_yoshino at 2009-04-22 12:00
●amamori120さん
和菓子、特にお茶会の茶席上生菓子に季節の変化、流れを映し取る
のは実に難しいことでもありますね。遅過ぎても早過ぎてもいけない。
この和菓子はお茶会用ではないのですが、日頃からこのように上生
に取り込んで、感性を研ぎ澄ませておかねばと思っています。
Commented by wagashi_yoshino at 2009-04-22 12:00
●y-haramakiさん
今回はことさら芸術にでも付けるような名付けをしてしてしまいましたからね(笑)・・・「handmadeな暮らし」のマキさんのフラワーアレンジも
よく拝見してますよ。とてもキレイな花の色合わせやデザインが感性
の勉強になるからです。同じ年頃の子供を持った親同士なので、学校
の役回りも同じ(笑)お互い踏ん張りどき、頑張りましょうね。
Commented by wagashi_yoshino at 2009-04-22 12:01
●マミーさん
「ゆく春」がテーマの和菓子です。通常は、こんな名付けをしないので
しょうが、趣が変わっていいかもしれません。かっぱ橋の菓子道具屋
というと馬嶋屋さんでしょうか・・・確か以前には大河原さんという木型
職人さんがいて、面会したことがあります。実にみごとな木型を作って
いて感服した思いでした。
Commented by wagashi_yoshino at 2009-04-22 12:01
●vivabocaさん
静岡では咲いた桜花の和菓子では遅いので、散った花びらで今の
様子を表現しようと思ったわけです。この場合、主は「水」なんです。
お茶会の様子も春から初夏へ移りつつありますね。
なんかガラでもないのですが(笑)PTA頑張ります。
Commented by wagashi_yoshino at 2009-04-22 12:02
●鍵コメ2009-04-22 05:22 さん
いつもご覧頂いているようで、ありがとうございます。
デジカメはずっとNikoを愛用しています。ブログを始めた当時からコン
デジのCOOLPIXでしたが、一年前から一眼のD60でも撮影するよう
になりました。レンズキットで購入したので18-55mmの標準ズームレ
ンズです。そろそろマクロレンズが欲しくなりました。
Commented by マミー at 2009-04-22 21:07 x
そうです。馬嶋屋さんです。
以前は、私の田舎(青森)でも各家庭に饅頭の木型があり、「御祭礼饅頭」を作りました。
桃、リンゴ、菊、竹の子などの木型が今でも我が家にあります。
その木型は、冬に仕事のない大工さんが内職で作っていたそうです。
手のぬくもりを感じる木型です。
Commented by ぐ~ at 2009-04-22 23:16 x
春のなごりの花びら、ちょこんと乗ってます。
先に、花びらを味わっていただきたいと思います~。
私もね~、ボランティアの会のお世話係になってちょっと気忙しくなってます。
これも、ボランティアですからね~。頑張りましょう~。
Commented by wagashi_yoshino at 2009-04-24 22:39
●マミーさん
東京で働いていた頃は、よく合羽橋散策に出かけました。
専門店が豊富に取り揃えている道具、器具、雑貨、サンプルなど
ただ見るだけでも楽しかったなぁ~また行きたくなりました。
各家庭にお祭り饅頭の木型があったんですね~それだけお祭りが盛大に行われているということです。お祭りとお供物には密接な繋がりや関係がありますね。返信に出遅れて失礼しました。
Commented by wagashi_yoshino at 2009-04-24 22:40
●ぐ~さん
もう長崎は初夏でしょ?こちらも桜は若葉が生茂ってます。
今までも諸団体の役員になってボランティア活動はしていましたが
どちらかというと商売に関わったものがほとんどでした。
学校の役員は未経験だったので、ぐ~ちゃんと同じように気忙しく
なっています。慣れるのにもうしばらくかかりそうです。
お互い頑張りましょう。返信に出遅れて失礼しました。
Commented by yurikasweets at 2009-04-26 22:21
何とも言えない色合いと模様、
絵の世界ですね。
「木型で打ち出す」という響きが聞こえてきそうです。

役員、大変ですね。
私も平の役員になりましたが
他の方がとっても良く働かれるのに
私はあまり役に立たず、
何とかしないといけないなあと
反省しているところです。

お仕事と役員の両立は
もっと考えることも多いのでしょうね。

私ももっとしっかりしなくては(>_<)
Commented by wagashi_yoshino at 2009-04-29 10:56
●yurikasweetsさん
あっという間に桜の季節も終わりました・・・もうGWですね!
仕事柄ママに依存しがちだった学校役員を初めて全面的に受けたのでかなり手探り状態(笑)なのですが、なんとか慣れつつあります。
yurikaさんも役員なんですね。場慣れしている役員の方たちを感心しながら見つめているのは自分も同じです。自分はPの副会長ですが
やはり慣れている方のほうが、段取りよくやのは当たり前。
恥ずかしがらず何でも聞いて進んで参加するようになれたら、あとは周りがサポートしてくれますから・・・お互い頑張りましょうね。
返事コメントが遅れて失礼しました。
Commented by blanc_ours at 2009-05-02 18:50
素敵な和菓子に惹かれてコメントしています。
私は日本では茶道をしていたので和菓子がとっても身近だったのですがフランスにきてからというものの、まったく。。。で和菓子が恋しいです。この芸術的な美しさは洋菓子には出せませんね。
和菓子を眺めにまたきま-す。〔リンクさせていただければ幸いです。〕
Commented by wagashi_yoshino at 2009-05-04 01:09
●blanc_oursさん
はじめまして♪いらっしゃいませ。
フランスからコメント頂いたのに、出遅れて失礼致しました。
茶道をされていたのですね~それでは和菓子に誘われますね。
和菓子、それも茶席上生菓子という分野は日本独特の季節感を大切にするので、洋菓子とはまた異なった美しさがあるものです。
リンクの件、嬉しい限り。リンクフリーですので、どうぞ、どうぞ。
仕事が忙しくなると更新出来なくなるマイペースブログですが、これからも宜しくお願いします。
by wagashi_yoshino | 2009-04-21 02:09 | 桜の花の咲く頃 | Comments(20)

駿河湾の潮風に吹かれて。海辺の町の和菓子屋blog。手づくり工房から和菓子の愉しさ紹介します。


by wagashi_yoshino