葛水無月

c0050395_12253139.jpg


気がついたら梅雨も終盤の様子です。
台風くずれの大雨が、やっと小止みになったところ。

このブログをスタートしてから
一ヶ月以上更新できなかったのは初めてのこと。
本来なら和菓子屋にとって休閑期のはずの6月。
逆に更新が増えてもいいはずなのに
こんなに休んでしまったのは、充実したPTA活動のせいです。

娘たちの通う小学校・・・特に6月に行事が「めじろ押し」で
運動会や清掃作業、父母対象のピンポンパン大会
(インディアカといえばわかるでしょうか・・・)
7月のメデシンボール大会に控えて毎週末に練習の監督もしたり
その他、研修会だの、懇談会だの、協議会といった
会合の類を含めると週3~4回は学校に足を運んだ計算。
あまりに行事が多過ぎて閉口でした。
早朝や深夜の仕事も増え、かなり圧迫。

まっ、とりあえず峠を過ぎた感もあり
ようやくバランス感覚を掴んだ様でもあり(笑)
(まぁ、あくまで感覚なので、よくわからないんだけど)
めでたく「ブログに復帰」いたしました。

そして、本日の和菓子は
『葛水無月』

京都で1年の折り返し6月30日に
体にたまった半年分の「けがれ」を祓う行事が
「夏越の祓」(なごしのはらえ)
別名「水無月の祓」とも呼ばれます。

そして、この6月30日に欠かせない和菓子が
『水無月(みなづき)』

c0050395_12254973.jpg


水無月は外郎(ういろう)の上に小豆をのせて
三角に包丁された菓子ですが
今回は葛粉で仕立てた「葛水無月」にしてみました。
作り方も、いたってシンプル。
水で溶いた葛粉に、グラニュー糖と白あんを混ぜて
蒸し上げただけのもの。

小豆は厄払いを意味しているようです。そういえば
節分の鬼退治にも豆が使われていますね(笑)

三角形は氷室(ひむろ)の氷を表しています。
昔は6月の末日の晦日(みそか)に氷室の氷を
口にすると「夏痩せ」しないと言われていたためです。

かつて6月30日は「氷の節句」と呼ばれ
幕府や宮中で年中行事とされていた時代もあったようですね。
貴重な氷を食べることができた当時の宮中ですが
それができない庶民はお菓子の水無月を
氷に見立てて、夏越しの行事を行っていたのでしょう。


[PR]
Commented by miyo at 2009-06-24 22:35 x
PTAお疲れ様です^^
夏越の祓、輪はくぐらなくても水無月を食べない年はありません(笑)
故郷の日光から切りだした濁りひとつない天然氷を思い出します。
湿気の高い梅雨も、これからの厳しい夏も、なんだか楽しみにして
くれるようなお菓子ですね。
Commented by ruru_kiki at 2009-06-24 23:06
吉野さん こんばんは^-^
PTAのお仕事 お疲れ様です  
実は私も今年学校の役員になり ちょくちょく学校に行って頑張ってます^^

「葛水無月」 小豆がキラキラ光って とってもおいしそうですね~*
私恥ずかしながら 吉野さんのブログで「水無月」を拝見するまで
「水無月」にこういう意味があること知りませんでした^^;
今年はそういう意味を知って「水無月」を頂けると思うとなんだか嬉しいです*
これから来る暑い夏も乗り越えられそうな気持になりますね*
  
Commented by ぐ~ at 2009-06-25 09:17 x
久々に、美味しそう~^^;
たぶん、PTAだろうと思ってました~。
お父さんが頑張っているのは娘にも嬉しいものですよ。
今年の夏、一段と暑そうです。
夏ばてしたことないですが、元気に乗り切りたいです。
Commented by 五月猫 at 2009-06-25 17:47 x
お疲れ様です。更科さんも 同じ苦労をしてるんだろうな・・・・・

涼しげですねぇ  本格的な暑さは これからですものね。
バテないように 気をつけましょう、お互い。
Commented by マミー at 2009-06-25 23:33 x
PTA活動遠い昔の出来事ですが、忙しかったことは記憶に残っています。
「水無月」小豆がびっしりで生地が見えないものもありますが、
意味を知ると余計吉野さんの水無月の美しさが
涼やかで和菓子の美を感じます。
Commented by wagashi_yoshino at 2009-06-26 01:17
●miyoさん
久しぶりの復帰なのに、即コメントありがとうございます。
歳月をかけて作り出された天然氷。昔から貴ばれたものでしょうから、特別な思いを込めて食べられているんじゃないかと思います。
水無月を作るこの時期になると、ショーケースの夏和菓子も一通り出揃い、いよいよお盆を迎える準備に入ります。
Commented by wagashi_yoshino at 2009-06-26 01:18
●ruru_kikiさん
水無月は通常、小麦粉や餅粉、葛粉をブレンドして作るものなので
葛粉をベースのこの水無月は、葛焼きに近い配合になっています。
お客様の依頼で作ったものですが、シンプルで美味しいですよ。
ようやく・・・なんとかPTAの役職にも慣れたような感じです。
まだまだ学校の役員続きますが、お互いに頑張りましょうね。
Commented by wagashi_yoshino at 2009-06-26 01:19
●ぐ~さん
PTAの役職は、もちろん大変なのですが、偶然同級生が多く、それなりの楽しさも見つけられたので仲間と楽しみながらやってます。
娘たちの目にも、楽しんでやっていると映ればいいのですが・・・。
夏バテしたことのない元気なぐ~ちゃんなら大丈夫でしょう。八月生まれの自分は夏大好き。毎年、夏を楽しんじゃってます(笑)
Commented by wagashi_yoshino at 2009-06-26 01:19
●五月猫さん
たぶん更科さんも同じでしょうね。
でもそうやってどこでもPTA活動を盛り上げているのだと思います。
ブログを始めてから、1ヵ月以上更新しなかったのは初めてですが
再開しても、こうして皆さんに即コメント頂けることに改めて感謝しています。夏は得意なので大丈夫・・・今年は何処に遊びに行こう?
Commented by wagashi_yoshino at 2009-06-26 01:19
●マミーさん
とても忙しい6月です。明日も夕方から慰安会が入ってます(笑)
生地が見えないほど小豆を敷き詰めるある水無月もありますし、地域や文化、しきたり、環境、作り手も思いなどで、それぞれの水無月があっていいと思うんです。今回の水無月はご注文されたお客様のお好みで、葛ベースと小豆のバラつきと厚みが決まりました。
Commented by 五月猫 at 2009-07-12 18:16 x
今日もお盆の最中の お忙しい時期にお邪魔してごめんなさい。
やきつ家さんから帰るとき ちらりと見たら お母様がてを振ってくれていました♪ よろしくお伝えくださいね。

マミィさんから「少ししか買わないのに 何時もオマケしてくださって 有難うございます」との事です。
さあ 美味しいお菓子をいただきます♪
Commented by wagashi_yoshino at 2009-07-14 22:41
●五月猫さん
出遅れました・・・先日はご来店ありがとうございます。
偶然ですが吉野の地域がお盆だったため特別なお盆和菓子にも
出会うことが出来ましたね(笑)お求め頂きありがとうございます。
こちらこそ、いつもご注文頂くマミィさんへほんの少しだけ感謝の気持ちのオマケです・・・宜しくお伝え下さい。お盆の山場を越えると、少しはわたくしも休めるのでしょうか(笑)そろそろブログも更新しないと、いけませんね。(遠い目)
Commented by ququri_hime at 2009-07-21 00:11
美味しそうな水無月ですね♪
つやつや小豆とガラスの器に野の花(雑草ちゃん)を添えるなんて、ステキです。お菓子の写真の美しさに見惚れずっと以前から見させて頂いてます^-^近くならば通いたい!素敵なお菓子ばかりです。そろそろ夏本番、おいそがしいことと思いますががんばって下さい!
コメント失礼しました♪
Commented by wagashi_yoshino at 2009-07-22 01:04
●ququri_himeさん
7月も中旬というのに水無月の記事で恐縮です。
ここ数ヶ月更新が間延びしていましてご覧頂いている皆様にも
申し訳なく感じている今日この頃。でもある程度クオリティのある
ものを載せないと逆に失礼とも感じているのも本音ではあります。
ququri_himeさんのお褒めと励ましの言葉もしっかりと心に受け止めて、そろそろ更新の頻度も元にもどそうと企んでいます。
Commented by maripaya at 2009-07-22 02:18
はじめまして。maripayaと申します。
素敵な和菓子ばかりですね!
私は陶芸をやっているので、自分の器に盛ったところを想像しながら見させていただきました。
また遊びに来ますのでよろしくお願いします。
Commented by wagashi_yoshino at 2009-07-24 11:15
●maripayaさん
はじめまして、いらっしゃいませ♪
陶芸のお仕事、実はすごく憧れているのですが、外から見るほど簡単
じゃないってことはよくわかっております。でもやってみたい(笑)
和菓子屋の片手間にアップしているので、恐ろしくマイペースなブログですが、これからもまた遊びに来て下さいませ。
コメントが遅れて失礼しました。
by wagashi_yoshino | 2009-06-24 12:27 | 初夏の頃 | Comments(16)

駿河湾の潮風に吹かれて。海辺の町の和菓子屋blog。手づくり工房から和菓子の愉しさ紹介します。


by wagashi_yoshino