水無月の誘惑

c0050395_11395693.jpg


あっさりやわらかなお餅の上に、ほどよい甘味の小豆がたっぷり。
冷やすとより一層美味しい6月の和菓子『水無月』みなづき
三角の形は氷室の氷のカケラ、小豆は魔よけ、厄払いを
意味していると云われています。

和菓子の水無月を説明するときによく出てくる
「氷の節句」って知っていました?






昔の宮中には旧暦の6月1日に
氷室(ひむろ)に貯蔵しておいた天然氷を
食べる行事がありまして・・・・それが「氷の節句」
正式には「賜氷の節句」(しひょうのせっく)
あるいは「氷の朔日」(こおりのついたち)とも言います。

夏前に「氷を口にすると夏痩せしない」と、されていたのです。
今でも地方によっては、6月1日に
氷を食べる習慣が残っているところがあるそうです。

c0050395_1142075.jpg

各地の神社では1年のちょうど折り返しにあたる6月30日に
この半年の罪やけがれを清め、残り半年の無病息災を祈願する神事
「夏越の祓(なごしのはらえ)」が行われます。
鳥居に付けた茅の輪をくぐり厄除けを祈願します。

それで京都では夏越祓の神事の日
つまり6月30日には
和菓子の「水無月」を食べる習慣があります。
6月にはだいたい店頭に並んでいる和菓子だと
関西の製菓問屋さんは言ってました。

宮中の「賜氷の節句」の神事にあやかったのですが
当時、氷は貴重なもので庶民は手に入らない。
そこで氷に見立て三角形の和菓子「水無月」をつくり
食べるようになったというわけです。

関連記事▼『葛水無月』

c0050395_11452166.jpg

こちらは生地に沖縄・波照間産の黒砂糖をブレンドした変わり種。
独特なコクを楽しめる黒砂糖仕立ての水無月。
トッピングはあっさりとした甘味の大手忙(おおてぼう)の蜜漬け豆。
6月、吉野のショーケースに並んでます。

さらに、冷たい氷の話・・・
古代中国には
国王の食や酒や水など身の回りのこといっさいを司る
天官という国家制度があったようで
そのひとつ部署に冬に氷を作り、氷室に蓄えて
夏に蔵から取りだし利用する「蔵氷」と「賜氷」という部署が
あったということです。

韓国を通じて奈良時代の日本には
氷を作り、貯蔵するという国家制度の仕組みがあったそうです。
でも長い長い年月の間に信仰と交わって
江戸時代には夏の無病息災や厄除けを祈願する意味で
「氷を食べる文化」だけが歳時になったようですね。

参考サイト
「氷と人間のふれあいの歴史」 氷食論 ~6月1日は何の日か?~

c0050395_11482562.jpg

甘夏みかんをトッピングに使った気まぐれ水無月。
お餅はあっさりとした外郎がベースなので、組合せは自由になりそう。
柑橘類やドライフルーツなどとも相性がいい。
工夫次第でおもしろい創作和菓子が出来そうだ。

関連記事▼『フルーツ水無月』

c0050395_11464166.jpg

まだ、まだ、創作水無月づくりはバリエーションがありそうですが
最後には、やはり・・・
「三角に小豆」の基本形にたどり着くのかもしれません。

[PR]
Commented by amamori120 at 2010-06-22 22:20
吉野師匠  こんばんHA

Oh コレが来るんですね

実は昨日京都で水無月いっぱい見かけたんですが歯を食いしばって我慢 ww
Commented by ぐ~ at 2010-06-23 07:00 x
知りませんでしたよ~。ばっちり、studyしました~。
創作、水無月もおいしそう~。
あれ、amamori師匠、帰ってきはったん!
Commented by wagashi_yoshino at 2010-06-24 18:09
●amamori120さん
師匠、おかえりなさい。無事ご帰国のようで何よりです。
それにしても行動範囲が広い方ですね~イタリアの後は京都ですか。
まだご旅行の様子も拝見できてなくて恐縮ですが、さぞ異国の文化を満喫されたのではないかと・・・なんとも羨ましい限りです。
本場の水無月をガマンされたなんて恐縮です。それでは、腕によりをかけて出来立ての水無月をお届しますね。
Commented by wagashi_yoshino at 2010-06-24 18:10
●ぐ~さん
amamori師匠、イタリアから無事ご帰宅のようですね。
九州方面は、大雨が降ったようですが長崎は大丈夫でしたか。
いくら水無月(水の月)っていっても、大雨水害は勘弁してほしいよね。
水無月については、お役様も作り手も好き嫌いがある和菓子。
博多でも『博多水無月』って名で、創作水無月が売り出されているよ。
上にのせる物を変える事ができるのでバリエーションは豊富です。
Commented by ruru_kiki at 2010-06-25 17:34
吉野さん こんにちは^-^
水無月にはそんな深い意味があったんですね~ 勉強になりました!
創作水無月もフルーツがのったりしてキュートでとてもおいしそうです♪
Commented by wagashi_yoshino at 2010-06-27 23:31
●ruru_kikiさん
こちらも水無月を紹介するために、あれこれ勉強になりました。
特に氷を食べる文化までさかのぼると中国までたどり着くことになったのだから、和菓子の歴史は奥が深いです。メジャーな和菓子ではない水無月も検索してみると全国各地で作られていることがわかります。
まだ知らない変わった創作水無月もあるのでしょうね~。
出遅れて失礼いたしました。
Commented by go_to_rumania at 2010-06-28 01:38
ごぶさたしております。
知りませんでした、なるほど~ と。
日本にいても、やっぱりココは和菓子の宝庫、
勉強になり&お餅のお菓子にもやっぱり反応!です :)
Commented by wagashi_yoshino at 2010-06-29 22:55
●go_to_rumaniaさん
こちらこそ、ご無沙汰しています。お元気そうで何よりです。
今回のように由来のある和菓子は、どうも説明口調になって困ります。
プロとしていい加減なことも書けないですし(笑)仕事の合い間に、とことん調べてから文章に起こしたりすると、中々時間もかかります。
お餅の好きなマニアさんには、たまらない記事だったようですね。
6月30日は水無月の日。沢山のお客様に水無月を召し上がって頂きたいものです。
Commented by amamori120 at 2010-07-01 11:49
吉野師匠  おはようございます。

つたない記事ですが、友情出演願いました ♪
Commented by wagashi_yoshino at 2010-07-02 01:16
●amamori120さん
毎度、ご贔屓にして頂きありがとうございました。
師匠のことですから、その日のうちにブログ記事になったのでしょうね。
6月30日水無月の日。幟旗に、カラー写真ポスターに、新聞折込チラシにと販促展開した甲斐もあり、お店でも多くのお客様にお買い求めいただきましたよ。
Commented by 甘盛り ww 書斎主人 at 2010-07-02 10:30 x
吉野師匠  おはようございます。
本品で、また吉野ファンが増えたようで詢に重畳に存じます ♪

T.Bさせていただきますネ
Commented by wagashi_yoshino at 2010-07-03 15:57
●甘盛り ww 書斎主人さん
TBありがとうございます。水無月、やはり京都の和菓子ってイメージが強いですね~。焼津に嫁いだお客様から「なつかしい~」って言葉を頂きました。水無月は日本各地の和菓子屋で作られてはいるのですが、一方で「作っても売れないから」と、スルーするお店も少なくありません。
皆が盛んに作るほどメジャーな和菓子ではないってことですかね。
Commented by amamori120 at 2010-07-10 17:53
吉野師匠  こんにちHA
毎度お世話になります <(_ _)>

またプチ出演願いました♪
Commented by wagashi_yoshino at 2010-07-11 23:18
●amamori120さん
また記事に取上げて頂きまして、ありがとうございました。
ココ一週間のお盆を乗り切ったらブログに復帰する予定でございます。
青梅どら焼は、爽やかな青梅の酸味が魅力のかわりどら焼です。
夏場の逸品として、ここ数年人気の出始めたニューフェイスですので
どうぞお見知りおきをお願い致します。ありがとうございました。
by wagashi_yoshino | 2010-06-22 11:51 | 新緑の頃 | Comments(14)

駿河湾の潮風に吹かれて。海辺の町の和菓子屋blog。手づくり工房から和菓子の愉しさ紹介します。


by wagashi_yoshino