「見上げてごらん、夜の星を」

c0050395_17162921.jpg


七夕が1年に2回あるってことを知っている人が
どれくらいいるでしょうか。
今年の旧暦の七夕は8月6日(土)
伝統的七夕とも呼ばれます。

天体観測の世界では夏の星座が見頃の時期を迎えていて
その中でも七夕の星が見事なのだそうです。
織姫は、こと座のベガ、彦星は、わし座のアルタイル。
その間から南に向かって
ぼんやりと雲のようになっているのが「天の川」です。
月が基準の旧暦では
七夕の夜に必ず上弦の月になるので例えられるのが
「天の川に浮かぶ舟」
とても素敵な表現ですよね。

暑い日中とは裏腹に
涼しい風が吹き、虫の音が響く夏の夜に
星空を見上げて様々な想いを馳せてみるのもいいかもしれません。

本日の和菓子『夜空の星』
c0050395_17164883.jpg

今年二度目の七夕「8月6日の夜」に
天に煌めく天の川をイメージした創作上生和菓子。

素材は涼し気な錦玉羹寄せ。
薄紅、赤紫、青紫、薄青、黄。
細かく刻み込んだ5色の錦玉羹を中にも散りばめました。
冷たく甘い寒天が、口の中でこなれていく様も
優しくて美味しい口当たり。
キリッと冷やして頂く夏菓子です。

天の川に隔てられた彦星と織姫が
年に一度だけ逢うという伝説は、あまりにもロマンティック。
遠く離れた人に想いを馳せて
夜空を見上げている人もいるのでしょうね。

*************************

見上げてごらん 夜の星を
小さな星の 小さな光が
ささやかな幸せをうたってる。

見上げてごらん 夜の星を
ボクらのように 名もない星が
ささやかな幸せを祈ってる。

(「見上げてごらん、夜の星を」 作詞:永六輔 作曲:いずみたく より)



[PR]
Commented by nekonomomo at 2011-08-01 20:46
涼やかになれるお菓子を食べながら、夜空を見上げて、
願い事や色々なコトに思いを馳せる時間を過ごしたくなりました(^^)
Commented by Belta at 2011-08-02 07:26 x
初めまして!
しばらく前から時々覗かせていただいています。
色鉛筆で絵を描いているBeltaと申します。

和菓子が大好きで、その造形に惹かれて、
最近、和菓子の絵も描き始めました。

吉野さんお和菓子はいつも美しいですが、
このお菓子も本当にきれいですね。

Commented by wagashi_yoshino at 2011-08-02 18:31
●nekonomomoさん
夏夜の花火は華やかですが、たまには星空を見上げるのもいいですよね。特に織姫、彦星は目立つ星ですから、ほんの少しの知識があって簡単な星座の位置さえわかれば、星を見るのが数倍楽しくなります。
日常の中に、ひとときの静かな優しい時間が流れます。
Commented by wagashi_yoshino at 2011-08-02 18:32
●Beltaさん
初めまして♪いらっしゃいませ。
色鉛筆で絵を描かれているのですね~artistの方が描かれた和菓子って素敵でしょうね~是非そちらにも遊びに行かせてくださいね。お褒めの言葉、嬉しいです。夏夜に煌めく美しい星々を想いながら創作しました。仕事優先のマイペースブログですが、今後もヨロシクお願いします。
Commented by tomoko♥ at 2011-08-03 12:47 x
初めまして。いつも愛読しています。
私の誕生日は8月6日。今年の誕生日プレゼントにロマンティックな七夕のお話とかわいい和菓子をいただいた気分です。夜空を見上げて、きらめく星とともに堪能したいと思います。ありがとうございました♪
Commented by wagashi_yoshino at 2011-08-03 19:44
●tomoko♥さん
初めまして♪いらっしゃいませ。
旧暦の七夕8月6日が、ちょうどお誕生日なんですね。ちょっと早めですが、お誕生日おめでとうございます♪ そうですね~このブログと和菓子が貴方のお誕生日プレゼントになったなら、作り手としても嬉しい限りです。
和菓子を作るように「手をかけて心を込めたブログ」にしたいと思っていますので、これからもヨロシクお付き合い下さいね。
by wagashi_yoshino | 2011-08-01 17:20 | 盛夏の頃 | Comments(6)

駿河湾の潮風に吹かれて。海辺の町の和菓子屋blog。手づくり工房から和菓子の愉しさ紹介します。


by wagashi_yoshino