太陽の花、いやしの森

c0050395_12185890.jpg
今年の夏休みは再び山中湖。
三年前のあのときと同じ気ままな旅。
いつもの通り、義姉家族との一緒。
今回、連れて行かれた訪れたのは花の都公園
広大な土地に季節の花々が咲き乱れる観光スポット。

一段と目を引いたのが・・・
夏の熱い日差しを喜ぶかの様に咲き誇っていた金色のひまわりたち。
富士の峰にかかる夏雲が刻一刻と姿を変える
雄大な大自然をバックに湖から吹き抜ける風が太陽の花を揺らす。
目映いほどキラキラ輝く・・・光の海、光の波だ。

c0050395_12215713.jpg
夏の熱い日差しを浴びて煌めくように輝いていた情熱的な花。
美しいひまわり畑の前で大きく深呼吸・・・。
たくましく大自然を生きぬく花たちの元気なパワーを
身体中に染み込ませながら
思い切り背伸びした。
「 キ ・ モ ・ チ ・ イ ・ イ 」
c0050395_12231570.jpg
ひまわりも様々、こんな翳りのある表情も見せる。
同じ花なのに、すいぶんと違うよね。
c0050395_12243072.jpg

c0050395_12245949.jpg
ひまわりの花言葉は「あこがれ」「熱愛」「光輝」
夏の花らしい言葉が続く中で
「私の目はあなただけを見つめます」という言葉も・・・。
そいうえばタレントのベッキーの瞳の中には
ひまわりの花が咲いてるんだって。
検索したらホントだった。
そう思うとホントに瞳に見えてくるから不思議。

「私の目はあなただけを見つめます」
異性からこんな美しく情熱的な瞳で見つめられたら
困ってしまうのかもしれない。

ところで「花よりだんごの人~」手を挙げて・・・。

はい!正直で宜しい!
c0050395_12253744.jpg

富士五湖の一つ、西湖の根場(ねんば)地区にある
茅葺き民家の和風テーマパーク「いやしの里」の
茶屋で頂いたわらび餅風の涼菓。
きな粉と黒蜜をかけて頂く感じはわらび餅だけど
スルっとノドに入ってくる食感は別物。
その正体はコンニャクをブレンドしたわらび餅。
喉越しの妙・・・食べたことない感覚。
夏ならでは甘味に大満足。

c0050395_12265364.jpg
c0050395_12262413.jpg
お昼は山中湖湖畔の「hammock café」ハンモックカフェ

森の中でハンモックに揺れながら・・・。
こんな簡単ランチでも充分過ぎるほど贅沢な時間が堪能できる。

c0050395_12274188.jpg
森の中、木陰の下、贅沢な空間。しばし、くつろぎの時。

c0050395_12281786.jpg



[PR]
Commented by ぐ~ at 2011-08-27 09:47 x
やっぱり、太陽の下のヒマワリは気持ちいい~。
面白いことにお日様の方向いてるヒマワリですが、微妙にあちこち向いてるんですよ。
よそ様の和菓子を、しっかり研究してる所がただもんじゃないですね~。
冷たい水で冷やしたラムネが飲みたい~。
Commented by wagashi_yoshino at 2011-08-28 00:51
●ぐ~さん
向日葵って、なんて健康的でストレートなんだろうって思う花だよね。
そうだね~だいたい同じ方角には向いているけど、皆さん向きが違う。
もっとも全部整列して、まったく同じ向きだったら、気持ちわるいかも(笑)
どこに行っても、やはり和菓子に関わる気になるものなんですよ。
今回は材料のことまで聞いて来なかったので電話取材しちゃいました。
Commented by cox-orange at 2011-08-28 18:18
ひまわりの花はいつもなんだか「人間の顔」っぽく感じるんですが気のせいでしょうか・・・じーっと見られているような。(笑)

こんにゃくわらび餅、、、じゃなかった、わらび餅風こんにゃく、どんな食感か面白そうですね。食べてみたいです。(例のこんにゃくゼリーに似てるのかな?) 
Commented by wagashi_yoshino at 2011-08-30 01:39
●cox-orangeさん
皆さん、同じようなこと考えてますね。ひまわりの一本一本が人に見えるっていう人もいましたから、やはり花は顔に見えるってことでしょう(^v^)
わらび餅風なやつですが、こんにゃくのコシはあまりなくて逆にあんみつの寒天のような感じでした。わらびとコンニャクをブレンドすると、そんな感じになるのでしょうかね~。初めての食感でしたよ。
by wagashi_yoshino | 2011-08-25 12:31 | 盛夏の頃 | Comments(4)

駿河湾の潮風に吹かれて。海辺の町の和菓子屋blog。手づくり工房から和菓子の愉しさ紹介します。


by wagashi_yoshino