夏の終わり…秋の予感

c0050395_1795432.jpg

夜、いつの間にか虫の音が聞こえるようになった季節。
日昼の暑さも、ずいぶんと楽になり
名残惜しいように蝉が鳴いています。

夏の終わりは
毎年すごく淋しくて、とても苦手な季節。
ある日、突然やってきて、自分を慌てさせたり、戸惑わせたり。
果たさずじまいの約束や
やり残した事を思い出して悔やんだりします…。
夏の後悔はいつも
してしまったことへのそれではなく
し残したことへの苦く切ないことだったりするのです。



浅草で有名な「ほおずき市」は夏の風物詩。
夏のイメージが強い鬼灯(ほおずき)ですが
真っ赤な色づいた「ほおずきの実」は歳時記では初秋のもの。
俳句の季語も秋なので
人のイメージというのは勝手な思い込みが
かなり強く影響しているんだなぁと実感。

本日の和菓子
茶席上生菓子『鬼灯』 ほおずき
c0050395_1711223.jpg


ゆく夏を惜しむかのように、来る秋を悦ぶかのように
燃えるような茜色(あかねいろ)に実った鬼灯(ほおずき)の実を
表した創作茶席上生菓子。
小豆こしあんを芯にして、茜色と梔子色でぼかした
練切に包み、鬼灯の木型で打ち出します。

淡い緑から黄色、オレンジ色・・・そして茜色と
燃えるようなグラデーションが
美しく変化していく、鬼灯の実の様に
季節も晩夏から初秋へ
少しずつ、グラデーションの様に移ろいでゆきます。

夏が終わっていくこの季節は
毎年すごく淋しくて、とても苦手な季節。

でも・・・
やがて必ず来る実りの秋を手に入れるためにも
通らなくてはいけない季節なんだよね。

明日は、新しい秋の中を歩こう。

[PR]
Commented by nekonomomo at 2011-09-01 20:18
吉野さんのお菓子を見ていると、日本の四季を感じます。ステキですね。
ゆく夏に、さみしさを感じつつ、食欲の秋も楽しみな私です(笑)
Commented by y-haramaki at 2011-09-02 00:07
こんばんは
ふくすけさんは、過ぎ行く夏の頃が苦手なんですね。私は真逆。
夜に草むらから鳴く虫の声を聞くと、暑くて辛い夏が終わることを知らせてくれるようで嬉しくなります。
本物そっくりの色で仕上げてあってさすがです。食べるのもったいない

最近Facebook始めたら、あら不思議
ふくすけさんがもしかしてお友達で、出て来ました。そんなことあるんですねぇ
まだ使い方さっぱりわからないんで、いつか友達になってください。
Commented by cox-orange at 2011-09-02 17:21
わわわ、なんて綺麗な~~~~!!
私も今年はういろうで作ってみましたが、見事撃沈。。。(涙)
明るくて綺麗な色使いは別世界のようです。

それにしてもなんだか見たことのない形・・・型じゃないですよね?
部分的にヘラなのかな。うーんうーんとシュミレーション中です。(笑)
Commented by yuu at 2011-09-03 01:16 x
はじめまして。以前からブログを楽しく拝見しております。
夏の終わりのお菓子にほおずき。
なんて素敵なんでしょう!
あまりにも素敵すぎてコメントをせずにはいられませんでした!

いつも繊細で美しい和菓子に心が癒されます。
ありがとうございます。
現在、京都の和菓子屋さんで和菓子作りを習っています。(もちろん、趣味の範囲ですが)
まだまだ餡を丸くまるめるのもなかなか出来ない私ですが、
こんなに素敵な和菓子をいつか作ってみたいです〜
これからも季節のお菓子を楽しみにしています。
機会がありましたら実店舗へもお邪魔したいです!
Commented by wagashi_yoshino at 2011-09-04 00:25
●nekonomomoさん
ほおずきの実って、ちょっと季節ハズレなのかな~って最初は思っていたのですが、よくよく調べてみたら思い込みなのがわかりました。
思えば鬼灯の赤は夏の終わりに、ちょうどピッタリなのかもしれません。そう、そしてすぐに実りの秋、食欲の秋がやってきますね。今年は、どんな美味しい実りを食べることができるか?すごく楽しみです。
Commented by wagashi_yoshino at 2011-09-04 00:25
●y-haramakiさん
makiさんのキモチもよく分かりますよ~夏の終わりを感じるときのトキメキにも似た嬉しさなんですよね。爽やかな秋がやって来るんだぁ~って感じでしょうか(笑)facebookは、たぶんメールアドレスからリンクしているのだと思います。最初は区別が戸惑うfacebookですね。わたくしでよければ喜んでお友達になりますよ。ご連絡しますね。
Commented by wagashi_yoshino at 2011-09-04 00:25
●cox-orangeさん
プロでも按配が難しいういろうですから、作る回数を重ねて独特の生地加減に慣れて下さい。cox-orangeさんの和菓子づくりの腕前なら、「ういろうのほおずき」だって必ず上手く出来る日が来ると思います。
この鬼灯は完全な木型打ち出しの練切です。変わった造形ですね。
だからヘラとかも一切使ってないんです。シュミレーション出来ました。
Commented by wagashi_yoshino at 2011-09-04 00:26
●yuuさん
はじめまして~いらっしゃいませ♪
丁寧なお褒めの言葉を頂いて、照れてしまいました(笑)
でも、でも、嬉しい言葉に励まして頂きながら、これからもyuuさんの心を癒すことのできるような和菓子を作っていきたいと思っています。
和菓子教室、頑張って下さいね~和菓子づくりを楽しみながら学んで下さいね~焼津駅前のお店です。お近くまでお出での際は是非。yuuさんのご来店を心よりお待ちしています。
by wagashi_yoshino | 2011-09-01 17:13 | 盛夏の頃 | Comments(8)

駿河湾の潮風に吹かれて。海辺の町の和菓子屋blog。手づくり工房から和菓子の愉しさ紹介します。


by wagashi_yoshino