彼岸だんご

c0050395_15143537.jpg

『時はすべての人々に平等に与えられているんだよ』

これは以前上映されたアメリカ映画の中のセリフ。
題名は忘れてしまったのだけれど
すごく印象に残っているセリフ。

人は忙しかったり、急いでいたりすると
残り時間がない、時間に追われていると言い
暇だったり、やることがなかったりすると
ただ何気なく時間を使い過ごしてしまう。

一日の中であるうちは見当がつくのだけど
一ヶ月とか一年の単位になってくると
スケールが大きくなりすぎて
どんな風に過ごしているのか『ぼやけて』しまうのかもしれない。

「今という時間を精一杯生き抜くこと」なんて
理屈ではわかっていても
そんなことばかり考えて
普段の生活をしているわけもでもないし・・・。
いったいどうやったら毎日を
上手く過ごすことができるのだろう。

『時はすべての人々に平等に与えられているんだよ』

生まれたばかりの純真無垢な赤ちゃんにも
カラオケで遊び惚けている女子高生にも
仕事の課題を抱えて思いやんでいるOLさんにも
ずっとずっと働き過ぎのお父さんにも
腰の曲ったおばあさんにも
そして、あなた自身にも
同じように平等に。

c0050395_15171280.jpg


お彼岸の入りにちなんだ
本日の和菓子『彼岸だんご』

飾り気のない素朴な「あんだんご」ですが
これこそ昔からの伝承和菓子。
素朴な上新粉だんごの出来立てのシコシコとした柔らかさと
小豆を煮て家取り(うちどり)した
自家製「こしあん」の風味が
あんのからんだ、お団子からも香り立ちます。
あっさりとした上品な甘みが
からまって絶妙なハーモニー。

c0050395_1518170.jpg



[PR]
Commented by miyo at 2011-09-22 03:36 x
こんな深夜に見ちゃって・・う~ん 食べたい!
お供えにしたらきっとご先祖様も喜ぶに違いないけれど、同時にこのおいしさを味わえる肉体のない事を残念がることでしょう^^
生きているからこそ感じられる喜び。味わえる時間を大事にして行きたいものです。
Commented by wagashi_yoshino at 2011-09-23 23:40
●miyoさん
そうとうな深夜、真夜中に見ちゃったんですね・・・(#^.^#)
仏壇の祖父母が、この和菓子屋を創業したので、和菓子を供えるときはちょっと緊張するんです。ちゃんとした和菓子を作っているか、きっと祖父母にチェックされているんだろうな~なんて思いながら拝んでいます。
昔、一緒に過ごし生活した祖父母の写真を見ていると、今生きている自分の命の大切さをしみじみ感じますね。生きている事のすべての喜びを大事にしていきたいものです。
Commented by cox-orange at 2011-09-28 19:02
お団子とあんこ・・・DNAにインプットされた日本人の基本ですね。(笑)
十三夜にもお団子をお供えするのかな?

お仏壇にお供えするとき緊張するの、わかるような気がします~。
こんなに美味しそうなお団子、ご先祖様もきっと喜んでいらっしゃいますね。
Commented by wagashi_yoshino at 2011-09-29 23:50
●cox-orangeさん
お月見だんごも風情がありますね~十五夜は盛んですが、十三夜となるとお供えする人は、ほぼ皆無ですね。さみしい話ですが、十三夜のおだんご需要がないので作らないんです。焼津はお月見よりも、お彼岸とかお盆のお供え菓子のほうが昔から盛んなんですね。港町なので、海での漁業の無事を祈って、ご先祖様に拝むわけです。
by wagashi_yoshino | 2011-09-20 17:29 | 秋色の頃 | Comments(4)

駿河湾の潮風に吹かれて。海辺の町の和菓子屋blog。手づくり工房から和菓子の愉しさ紹介します。


by wagashi_yoshino