茶席上生菓子『通天』

c0050395_2415826.jpg

Mr.Childrenの櫻井和寿らが
自然環境保護活動の資金集めのために結成したバンド
BankBandが奏でる「糸」という曲が心に響く。
☆ap bank fes'10バージョン☆
こんな歌だ。

♪なぜ めぐり逢うのかを 私たちは なにも知らない
       いつ めぐり逢うのかを 私たちは いつも知らない
どこにいたの 生きてきたの
       遠い空の下 ふたつの物語
縦の糸はあなた 横の糸は私
        織りなす布は いつか誰かを
                     暖めうるかもしれない・・・

♪なぜ 生きてゆくのかを 迷った日の跡の ささくれ
      夢 追いかけ走って ころんだ日の跡の ささくれ
こんな糸が なんになるの
         心許なくて ふるえてた風の中

縦の糸はあなた 横の糸は私
       織りなす布は いつか誰かの
                  傷をかばうかもしれない・・・

縦の糸はあなた 横の糸は私
       逢うべき糸に 出会えることを
              人は 仕合わせと呼びます

(糸ーBankBandより 作詞・作曲 中島みゆき)

この曲を初めて聴いたのはYouTube。
カバー曲を歌いこんで、みごとに自分たちのモノにしていた。
最初聴いたときは彼らの持ち歌かと思ったほど。
中島みゆきの歌う「糸」とは明らかに違う。
もちろん楽曲が優れているのは言うまでもない。
そういう意味で、中島みゆきは天才だ。でも・・・
中島の歌は、やはり暗い・・・女の情念みたいなものがつきまとう。
笑顔の櫻井和寿は溢れる希望の心を歌い上げている様だ。
同じ歌詞、同じ曲、なのに
「こんなにも印象が変わるものなんだ~」と思った。

人もそうだ・・・
表情や態度、立ち居振る舞いで随分と印象が変わる。
その人の思いや考え方、心の本音は、その外見に表れる。
愚痴ばかりこぼす人は、たちの悪い印象を周囲にばらまくように
笑顔で仕事に取り組む人は、気持ちの良い印象をもたらすように
その人の心の有り様で印象は随分と変わる。

どうせなら・・・精一杯楽しく笑顔で過ごしたい。
毎日を明るく健やかに生きたいと思う。
自分が明るくなることで周囲の人々さえ笑顔にしてやろうと思う。
たとえば、淋しいことがあったとしても
たとえば、悲しいことがあったとしても
苦しくて切なくて耐え切れないことがあったとしても

笑顔になれないときは、無理やりでもいいから
最初は引きつっていてもいいから、笑顔になって・・・(^v^)
そうやって自分を、もう一人の自分が元気づけてあげたい。
そうして自分を、思いやってあげたい。
心から自分を、いたわってあげたい。

c0050395_2424595.jpg

本日の和菓子
茶席上生菓子『通天』 つうてん

練切とも違う「こなし」という素材は
白あんに小麦粉を混ぜ蒸して練りまとめた生地。
食べ口は、あっさり、しっとりと蒸羊羹にも似た食感で美味。

風味豊かな自家製あんの小豆こしあんを芯に包み
すべて手と細工ヘラだけで仕上げた手形物。
こなし生地がやわらかく指のあとがつきやすいため
全体のフォルム、葉先のギザギザ、葉脈の筋目を
短時間で仕上げなければならない
手際の良さが要求される難易度の高い上生です。
丸みをおびた形は温かみがありますね。

通天(つうてん)とは京都にある紅葉の名所
いつか行ってみたい憧れの場所です。
こうやってかしこまって撮ると
ずいぶんと趣きのある印象、風情になるもの。
気がつかない間に秋の季節は
どんどんと深まっているみたいです。


[PR]
Commented by cox-orange at 2011-10-11 19:44
こんにちは~。
通天、私も行って見たい場所です。

手で成形すると、いろいろ個性が見えて楽しいですね。
いつも思うのですが、ぼかしが綺麗です~~~。
私はいつになったらダンダラから脱却できるのか・・・(遠い目)

今週末のお茶会に私も照り葉のお菓子を考えていて、頭の中がいろんな葉っぱで一杯だったのでちょっとびっくりしました。
上手く出来るかなあ。。。
Commented by naoraito at 2011-10-11 21:41
はじめまして。いつも美味しそうなお菓子を指をくわえて拝見させていただいております。
『通天』とは『東福寺』の通天橋の事でしょうか??福井に住んでいた頃は足しげく京都に通ってましたが、結婚して横浜に住むようになってからは中々…。鎌倉も良いですが、やっぱり京都の紅葉は違いますよね~
Commented by ぐ~ at 2011-10-12 22:38 x
歌い方で、全然別の歌になりますよね。
以前朗読ボランティをしていた時、天声人語を読むだけなのに、
夜読むのと昼間読むのでは、印象が違ってたのを思いだしました。
そして、楽しく笑いながら仕事します~^^;
そのためには、甘い物ですよね~。
こなしと練りきりは違う物なんだ~。
Commented by wagashi_yoshino at 2011-10-13 10:19
●cox-orangeさん
通天橋の見事な紅葉は、ネットで写真風景などを見る度にため息をつくほどの美しさ。もう、本当に憧れの地なのですよ。もちろん紅葉の時期を見計らって行かないといけませんけれど・・・行ってみたい。
直接手ほどきして教えてあげたいくらい和菓子作りに熱心なcoxさん。
練切なら包む前にあまりぼかし過ぎないことがポイント。包み上がった時のボケ具合とボケる場所(範囲)をイメージして挑戦してみてね。
Commented by wagashi_yoshino at 2011-10-13 10:20
●naoraitoさん
はじめまして~いらっしゃいませ♪
いつもご覧いただいているようで、ありがとうございます。
その通り東福寺の通天橋です。紅葉の名所はたくさんありますが、個人的に通天の紅葉を一番眺めて見てみたい。素敵でしょうね。
仕事優先のマイペース和菓子屋ブログですが、これからもよろしくお付き合い下さいませ。
Commented by wagashi_yoshino at 2011-10-13 10:20
●ぐ~さん
朗読ボランティアもやってたんですね~朗読は夜と昼とで印象が違う・・・なんかわかる気がします。印象っていうのは、そときの心の有り様で様々に変わるんですよね。笑顔は、自分の気持ちも楽しくなるし人と人、気持ちと気持ちも繋ぎますから大切なんですよね。練切は粘り気として求肥や白玉餅をいれます。どちらにしても何らかの粘り気が必要なんですね。
Commented by ruru_kiki at 2011-10-19 15:41
こんにちは!お久しぶりです*ちょっとブログお休みしてました。
「通天」美しい和菓子ですね。自然な動きがあって。
やっぱりyosinoさんの技と心意気が形になるのですね~*

bankbandの「糸」 すごくいいですね*心に響きました
yosinoさんのおっしゃるとおり 自分の笑顔で周りの人がが幸せになれるなら 
決して笑顔を絶やさず 毎日を精一杯生きたいな~って私も思っています*

Commented by wagashi_yoshino at 2011-10-24 11:11
●ruru_kikiさん
返信が遅れまして失礼いたしました。
旅行に出かけて前後に仕事や準備でバタバタしていて、コメントが出遅れてしまいました。さて、ruru_kikiさんブログお休みしていたとのことですが、また再開されたようで嬉しいです。これからまたブログ上で楽しく、見えないけれど笑顔で(^u^)お付き合いできれば幸いです。
櫻井さんの歌う「糸」素敵ですよね~心に染み渡りました。
by wagashi_yoshino | 2011-10-11 18:50 | 秋色の頃 | Comments(8)

駿河湾の潮風に吹かれて。海辺の町の和菓子屋blog。手づくり工房から和菓子の愉しさ紹介します。


by wagashi_yoshino