米粉の和菓子たち

c0050395_16133793.jpg

春になるにつれて上新粉、米粉を使う和菓子が増えてきました。
シンプルだけど美味しい米粉の和菓子たち!
食べ応えもあってお腹も満足!!
お彼岸に入って、あんだんごや柏餅などが登場し
お客様も好んで買い求められるようになりました。

しばらくは、この米粉の和菓子たちが
ショーケースを賑わしてくれそうです。

それから・・・この春、静岡伊勢丹デパートで行われる
大きなお茶会「駿府各流大茶会」で使われる
茶席菓子のご注文を複数席も頂きまして
創造力と創作力、和菓子職人の技と能力を駆使して
それぞれのお客様のイメージに合った見本作りに
格闘しているところです(汗)

そう言えば、こちらのお茶会の上生菓子作りも同時進行中。
ご依頼主がアーティストだけあって楽しい和菓子作りになりそう!
その報告などは、また後ほど。


[PR]
Commented by cox-orange at 2012-03-20 18:22
こんにちは。
これはまた、「米粉オンパレード」ですね。(笑)
目移りします~~。

昨日は珍しく山芋が手に入ったので子供たちにかるかん(卵白入り)を作ったのですが、ああっという間に無くなりました。私も食べていてつくづく「やっぱりお米は小麦と違う」と思いました。懐かしくて、安心できるんですよね。。。

君島佐和子さんのコラムを思い出しました

asahi.com/food/column/sweets/TKY200703200491.html
(前にwが3つと.がいります)
Commented by wagashi_yoshino at 2012-03-22 18:49
●cox-orangeさん
上新粉のお餅だけじゃなく、かるかんも、薯蕷饅頭も、米粉の和菓子は、ほのぼの優しくて懐かしい風味ですね。安心できるっていう気持ちよくわかります。お米って日本人のDNAに溶け込んでいるような気さえしますからね(笑)ここではお米の和菓子を話題にしましたけど、そもそも和菓子そのものもそうなんですよね。
君島佐和子さんの「和菓子の中に、自分の記憶や日本人という民族の記憶が詰まっている」というコメントが実にわかりやすくて印象的でした。
素敵なリンクを貼って頂きありがとうございました。
Commented by 五月猫 at 2012-03-29 22:35 x
すっかり 御無沙汰しておりますが お変わりなくお過ごしでしょうか?
焼津まで行く 気力と根性と体力がなくなる春であります(ToT)
鼻炎が落ち着いたら 又 お邪魔したいです~
Commented by wagashi_yoshino at 2012-04-01 21:35
●五月猫さん
こちらこそご無沙汰しております。
元気でやってますよ~この春はお茶席菓子のご注文が重なり
見本づくりから、かなりスケジュールを密に詰めてやってます。
何とか気力をはき、根性を絞り出し、体力を蓄えながらの春です。
鼻炎でお困りの方もたくさんいらっしゃいますから、皆さん
どうぞ、どうぞ、お大事になさって下さいね。
by wagashi_yoshino | 2012-03-19 17:11 | 桜の花の咲く頃 | Comments(4)

駿河湾の潮風に吹かれて。海辺の町の和菓子屋blog。手づくり工房から和菓子の愉しさ紹介します。


by wagashi_yoshino