茶席上生菓子『輝き』

c0050395_1415649.jpg

まず一番先に名前が決まった、この和菓子。
ご依頼主のご希望で
『輝き』 かがやき と名付けられました。

静岡伊勢丹デパートの春の恒例イベント
駿府各流大茶会のお茶席で大好評だった和菓子たち。

表千家青年部の先生との打合せの段階で
お軸の「対岸旭日」にちなんだ和菓子を
作って欲しいとのご希望がありました。
社中の皆さんも会合を重ねた上で『輝き』と名が決まり
数週間の時間をもらっての試作作り。

その「輝き」という抽象的なイメージから
陽光、月、星、雪、雫、清流、万華鏡・・・など
様々なアイデアが浮かび
あるいは人から頂いたイメージも沢山あって・・・
具体的な試作にたどり着いた形は3種類。
「花の雫の輝き」
「天空の星の輝き」
「命の泉の輝き」

そして先生たち社中の会合での厳正な審査の結果
最終的に選ばれたのが『泉の輝き』です。
c0050395_1415503.jpg

本日の和菓子
茶席上生菓子『輝き』 かがやき

山の清流、キラキラとしたせせらぎの源(みなもと)に
絶え間なくこんこんと湧きでる泉が
キラリと煌めく命の水の輝き。

五色それぞれの色合いにぼかした煉切で
あっさりとした白あんを包込み
水紋の木型で打ち出しました。
トッピングに金箔を輝かせて・・・。
c0050395_1416436.jpg

五色の泉は・・・

明け方の薄明 「東雲」 しののめ

午前の木もれ陽 「新緑」 しんりょく

黄昏の薄明 「黄金」 マジックアワー

無辺の青い空 「蒼天」 そうてん

燃えるような朝日 「朝陽」 ちょうよう

天の景色を映し込む五色の泉を表現しています。

c0050395_14173238.jpg
c0050395_14175226.jpg

お茶会当夜に先生からお礼のお電話があって
大盛況との報告を頂きました。

一席を五色のお茶菓子でおもてなしする
新しいスタイルも大好評だったようで
予定していた数では足りなかったとのこと。
自分自身の茶席菓子歴の中でも
経験がないくらいの最大級の褒め言葉
高評価を頂きました。

先生始め関係者の皆様、ありがとうございました。
それからイメージを頂いた皆様にもお礼申し上げます。
ありがとうございました。

[PR]
Commented by ぐ~ at 2012-05-02 23:20 x
すごい!凄すぎます。
お題から、イメージを紡ぎ出して、時を表す物語まで発展してますね。
う~ん、食べたい。
Commented by 小枝 at 2012-05-03 16:39 x
吉野さん、昨日はお邪魔しました。そして、この「輝き!」に逢えました。
今回は家族でいただきましたが、美しくて美味しくて、我が家みんな感動していました。(めったに高級な物をいただいていないから?(^^ゞ余計?)今度は、ご進物やお祝いの時などにまた是非伺いたいと思います。羊羹もお芋のケーキも本当に美味しかったです。(食べすぎに注意)
Commented by 五月猫 at 2012-05-03 22:15 x
美しいですね。イメージから形になるまでが大変でしょうが それもまた
「創作の喜び」なのではないかと 拝見しました。
和菓子食べたいなぁ・・・・・
Commented by マミー at 2012-05-03 23:31 x
優しい色合いの美しい五色の波紋を広がるお茶席はきっと華やかで凛とした空間だったことでしょうね。
吉野さん手から作りだされる和菓子は本当に美しい。
Commented by y-haramaki at 2012-05-04 20:52
色が素敵!
紫でもピンクでも もっと濃い色だってあるのに、
この何とも言えないグラデーションの色合いがなんとも素敵。

色の濃さも、デザインの内ですよね。
ふくすけさん にくい演出ですね。
Commented by wagashi_yoshino at 2012-05-06 01:12
●ぐ~さん
こちらの先生は、かなり前から打ち合わせのお時間を頂けたのでテーマ・構想・展開・下絵・モデリング・試作・検討・改善それから審査とお客様と自分自身の中で充分な創作活動することが出来ました。
天候の時の流れまで物語を発展することが出来たのは、偶然にも多くの自時間が必要だったわけですね。レスが出遅れて失礼しました。
Commented by wagashi_yoshino at 2012-05-06 01:13
●小枝さん
先日はご来店&ご利用頂きましてありがとうございました。
ご賞味、ご満足頂けたようでよかっです。こちらこそ、お店までお邪魔してしまい、ありがとうございました。あのバッグ素敵でしたね~オリジナルトートバックまで展開出来たら自分自身もひとつ欲しいぐらいでしたよ。
またのご利用をお待ちしております。これからもどうぞ御贔屓に。
Commented by wagashi_yoshino at 2012-05-06 01:13
●五月猫さん
今回は名前が最初に決まりましたから、それからテーマ、構想、展開が始まったわけです。イレギュラーながら思ったより絞り込めたかもです。
やっている間は「創作の喜び」も感じられなかったのですが、こうして振り返ってみるとやり遂げた充実感がありますね。
またのご来店をお待ちしております。
Commented by wagashi_yoshino at 2012-05-06 01:14
●マミーさん
実際のお茶席では菓子盆に五色の煉切をすべてのせてお客様に選んで頂いたのだそうです。そんなこともあってか人気があったようですね。そういう楽しさも演出のひとつなのでしょう。青年部さんの若い感性のお茶と五色の色展開のお菓子が瑞々しいお茶会を演出してくれたのではと思います。
またお会いできるのを楽しみにしております。
Commented by wagashi_yoshino at 2012-05-06 01:14
●y-haramakiさん
五色になる前の単品での提案のときから白ぼかしはあったのですが、グラデーションによる色展開だと、お互い美しさがより強調されるようです。
makiさんの扱うお花もそういったグラデーションの美しさでコーディネートすることがあると思いますが、濃淡のバランスは微妙に全体の印象まで変えてしまいますから、一番気を使うポイントなのかもしれませんね。
Commented by cox-orange at 2012-05-07 20:28
お疲れ様でした!!
忙しい中にも充実した時間を過ごされたことが、ブログを通しても伝わってきます。よかったですね~。

それにしても五色のお菓子、お茶席ではさぞ華やかだったことでしょうね。若い方のお席だったみたいなので、こういう工夫もいい経験になったのではないでしょうか。

私も昔、大学茶道で他大学と合同茶会をした時に同じお菓子で向きを逆さにし、銘を変えてそれぞれの席でお出ししたことがあります。
そういう工夫は楽しいのですよね。
Commented by wagashi_yoshino at 2012-05-09 11:07
●cox-orangeさん
ありがとうございます!!
こういう忙しさっていいですよね~お客様と綿密な打ち合わせが出来て自分自身の中でも充分な創作活動することが出来たので充実してました。
青年部の皆さんのお茶席だったので、練切の五色展開はその若い感性や華やかさを上手く表現できたような気がします。大学茶道のお話は興味深いですね。もっと詳しく聴きたいなぁ。お菓子の向きと銘を変えただけでも、その印象は変わったでしょうね。
Commented by naokongari2 at 2012-05-10 15:29
お久しぶりです。
かわいい写真にまた引きとめられました。

始め、日本庭園の模様のイメージかと思いました。
雨の波紋を表現しているのを見たことがあるんですが そんな感じ…。

でも文章を読んでいて もっと優しいイメージなんだな~っと思いました。
題名を聞いて また深く納得しました。

見て、感じて 聞いて、感じて。
みんなそれぞれに記憶と感触をさぐりながらいくんだな~っと思えました。

Commented by wagashi_yoshino at 2012-05-13 14:41
●naokongari2さん
そうですね~枯山水の砂紋模様にも見えます。真上から撮った写真は特に砂紋模様をイメージするかもしれませんね。水面、水紋、水輪、いろんな表現の仕方がありますけど。今回は湧き出る泉の水面模様を表現しました。
一つの上生菓子も見る人それぞれの見方や考え方が違うので、いろいろなご意見を伺うのが勉強にもなり興味深いです。
by wagashi_yoshino | 2012-05-02 19:06 | 特別な御注文 | Comments(14)

駿河湾の潮風に吹かれて。海辺の町の和菓子屋blog。手づくり工房から和菓子の愉しさ紹介します。


by wagashi_yoshino