フルーツ水無月

c0050395_20153592.jpg

ブログの更新もままならないのが
歯がゆいのですが、これも和菓子屋ブログの定め。
のんびりブログのようですが
裏では、せっせと和菓子作っております(笑)

子供たちを連れて久しぶりのディズニー休暇をとったり
地元SBSテレビの「そこ知り」という番組で
『鰹だし味噌まんじゅう』の取材ロケを受けたりと
あわただしい日々を過ごしている間に
六月も晦日(みそか)になってしまいました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ここに水無月があるんですね」
昨年、お店で水無月を見て声を掛けてくれた女性のお客様は
京都生まれの方でした。

京都で1年の折り返し6月30日に
体にたまった半年分の「けがれ」を祓う行事が
「夏越の祓」
(なごしのはらえ)
別名「水無月の祓」とも呼ばれます。

そして、この6月30日に欠かせないお菓子が
本日の和菓子『水無月(みなづき)』

水無月は外郎の上に小豆をのせて三角に包丁された菓子。

小豆は厄払いを意味しているようです。
そういえば、節分の鬼退治にも
豆が使われていますね(笑)

三角形は氷室(ひむろ)の氷を表しています。
昔は6月の末日の晦日(みそか)に氷室の氷を口にすると
夏痩せしないと言われていたためです。

かつて6月30日は「氷の節句」と呼ばれ
幕府や宮中で年中行事とされていた時代もあったようですね。

貴重な氷を食べることができた当時の宮中ですが
それができない庶民はお菓子の水無月を
氷に見立てて
涼をとっていたのですね。

そういえば、いつもコメント頂く
「ばーびーぶーぶー日記」のばーびーちゃんから
博多の水無月の話題が続いています。
博多水無月はわらび粉と小豆が主原料とか。
所変われば品変わるですね。

c0050395_2153572.jpg

気まぐれに作ってみたフルーツの水無月。
ベースは丸く仕上げた水無月外郎(ういろう)。
トッピングのフルーツは
フレッシュで甘くジューシーな「オレンジ」を選んでみました。
もう一つ、試してみた
干しぶどう・レーズンは蜜で煮戻して小豆の代わりに。

いつも素敵な写真とコメントで心癒してくれるドイツの
「バームクーヘン日誌・2」の b_kuchenさん。

特にお菓子で魅了され続けています。
先日などは、可愛い「水まんじゅう」に
恋してしまったほどです(笑)

仕上げは、b_kuchenさんの素敵な和菓子を見習い
笹の葉で巻いて涼しげに・・・。

[PR]
Commented by b_kuchen at 2006-06-28 21:32
えぇっ!!!
いつものように「あぁ~食べたいぞぉ~。」と思ったり、「今日もいろいろ勉強になるなぁ~。」と楽しく読み進んだらですよ!
私の名前がでてるよっっ。もうビックリです。
嬉し・恥ずかし・・・ありがとうございます^^;
これからも精進いたします・・・。

Commented by あみ at 2006-06-29 00:29 x
はじめまして☆
さきほどは私のブログにご訪問&コメントありがとうございました~。
ばーびーちゃんさんの所で和菓子を見て、食べたいな~って思ってたらyoshinoさんは作ってられるんですね~!
どれもおいしそうだし、それにきれい!!!
これからも和菓子で私を癒してください(笑)
また遊びにこさせてもらいますね☆
Commented by tomo114t at 2006-06-29 07:46
ひとつの和菓子のうしろにはいろんな歴史があるんですね。奥が深くて興味深いです。そしてういろうって外郎って書くんですか。知らなかった...子供の頃兄が妙にういろうが大好きで、なんて懐かしく思い出しながら、いろいろ勉強になります。「包丁する」って表現もマネしてみたいなあ(笑)。tomo
Commented by ばーびーちゃん at 2006-06-29 12:36 x
まあ・・・!吉野広報部長!宣伝して下さって
ありがとうございます。
近くだったら、私マチガイなく吉野さんの
お店に入り浸ってますね。
ストーカーになるとこでした。
デイズニーいいですね~!Seaなら、なおいいですね。
Commented by wagashi_yoshino at 2006-06-30 17:00
● b_kuchenさん
和菓子屋でも、アイデアが煮詰まるときがあるのですよ(笑)
結果やコストに縛られたプロのお菓子の発想はとは違い、一般の方のお菓子作りや演出は、実に自由で楽しく作られています。
b_kuchenさんのような素敵なブログを拝見して勉強しながら癒してもっているわけです。素敵なお写真やセンスのよいお菓子など見習うべきものが沢山あります。
Commented by wagashi_yoshino at 2006-06-30 17:00
●あみさん
はじめまして、いらっしゃいませ。
毎日和菓子作ってます。忙しいと更新しなくなる(出来なくなる)なんとも不定期なブログですけど、また遊びに来てくださいね。
ばーびーちゃんの和菓子レポートもいろいろと勉強になってます。
ドイツで音楽勉強中なんですね。そういえば↑の b_kuchenさんもドイツにお住まいの方。お近くなんですかね?
Commented by wagashi_yoshino at 2006-06-30 17:01
●tomo114tさん
外郎と書いて「ういろう」と読みます。難しいですよね。
水無月外郎ってポスターに書いたら、近所のラーメン屋さんの奥さんに【げろう】って読まれたことがありました。(笑)
包丁するって表現は、和菓子屋だけ?かな。「羊羹やかすてらをキレイに包丁したもの」よく使われる言葉です。
Commented by wagashi_yoshino at 2006-06-30 17:01
●ばーびーちゃん
ちょうど水無月の記事でしたので、タイムリーでしたね。
大きな和菓子屋ではありませんが(笑)地域に根ざした和菓子を作っていますので、地元のお得意様が多いですよ。
ディズニーは一泊して1日目がディズニーシーで夜のハーバーショーまで見て終園まで、2日目がディズニーランドでした。
Commented by go_to_rumania at 2006-06-30 23:42
ディズニーで一泊!シーには私も3年前かな、初めていきました。
ディズニーランドはやっぱり小さい頃から憧れの大好きな場所。
私も初めて時は、ディズニー開園して間もない頃で
吉野さんの末っ子ちゃんと同じくらいの歳だったかと思います。
忙しくても お子さんとの時間大切にされる、そういう暖かい気持ちが
美味しい和菓子につながるのですよね。

ういろうも 餅もち好きの私としても 餅カテゴリー(もちもちの
感触から)で大好きです。笹の葉で巻くなんて また涼しげで
お洒落。こういう季節感、目で見る涼しさ、日本人の感覚を
持ち続けたいな、と思います。 :)

Commented by wagashi_yoshino at 2006-07-02 01:19
●go_to_rumaniaさん
皆さんの休日の日に仕事していることが多いので、普段子供たちのの休日もほぼ仕事。合間を見つけて食事したり買い物したりはしていますが、遊びに行くような時間はとれないのが実情です。
だから、せめて暇な時期は家族と過ごす時間をつくりますよ。
子供たちもブーブー言いますから(笑)大人も楽しめるディズニーシー
は、家族サービスに絶好の場所でしょうね。

笹の葉で巻くアイデアは、バームクーヘン日誌・2の b_kuchenさんところの和菓子の真似ですが、こういう季節感や日本人的感覚は海外にお住まいの方のほうが敏感なのかもしれませんね。
これはb_kuchenさんのセンスのよさを踏まえた上での話しですが、外から思う日本、海外から感じる日本表現のほうが感覚や感性が研ぎ澄まされているような気がしてならないのです。
Commented by ippopotamoo at 2006-07-03 19:17
ああ涼しげ。小豆はこれくらいにちらばっている方が見た目も素敵ですね・・・。私はどっさり入れちゃって失敗。

笹で巻いてある水無月に圧巻!これは可愛いです。ちょっとこれはやってみますよ~!
Commented by vivaboca at 2006-07-04 06:12
初めてコメント残します。
tomoさんのリンクで知ってから度々お邪魔させてもらっていました。
和菓子は食べるの大好き!なのに、なかなか作るほうは・・・材料も揃わない環境(メキシコ在住)なので行き詰っていますが、baumkuchenさん(私もリンクさせてもらっています♪)のように、日本を離れても素敵な和菓子を作っておられる姿を見て 刺激をもらっている一人です。
また美味しい和を 目で味わいに来させてもらいますね!
Commented by wagashi_yoshino at 2006-07-04 14:10
●ippopotamooさん
料理の盛り付けって多すぎても少なすぎてもいけないようですね。
和菓子のトッピングも似たような感覚があるのかもしれません。
七夕も近いので笹の葉が、清々しくていいかな~と思いまして、 b_kuchenさんのところの和菓子を真似て作ってみたんです。
干しぶどう(レーズン)もやってみたのですが、見た目が小豆の様で面白かったですよ。
Commented by wagashi_yoshino at 2006-07-04 14:10
●vivabocaさん
いらっしゃいませ、はじめまして!!
そういえばtomo114tさんのところでお見かけしたような気がします。
和菓子作りはきっかけがないと、なかなか入っていけないかもしれませんね。ただ作り始めると楽しいものですよ。海外の素材はよく理解していませんが、和菓子の材料は似かよっている材料である程度の和菓子を作ることは出来ると思いますが・・・風味の点で劣るかもしれませんね。不定期ブログですが、また遊びに来てくださいませ。
by wagashi_yoshino | 2006-06-28 20:32 | 初夏の頃 | Comments(14)

駿河湾の潮風に吹かれて。海辺の町の和菓子屋blog。手づくり工房から和菓子の愉しさ紹介します。


by wagashi_yoshino