大粒!栗蒸し羊羹

c0050395_1402778.jpg


本日の和菓子は
『大粒!栗蒸し羊羹』

吉野では毎年なくてはならない秋の定番。

栗の美味しさがぎゅっ!と染み込んだ蒸し羊羹は
弱火で2時間かけて、じっくりと蒸し上げられ
あの独特な歯ざわりが生まれます。
c0050395_1405885.jpg

お彼岸の頃の見慣れた工房風景。
出来たての蒸し羊羹の上に蜜漬け栗の畑が広がります(笑)

c0050395_1412681.jpg

秋を代表する栗和菓子なのだから粒のまま使いたい!
旨みを凝縮した大粒のままの栗は嘘をつきません。

1本の栗蒸し羊羹に大粒栗を4粒、贅沢に・・・。
生地の中にだって、当然栗が入ります。

でもね・・・大粒なので並べるというより
ぎゅっ!と埋め込んであるわけです(笑)

実りの秋、収穫の秋、食欲の秋。
サンマや果物たちに負けるわけにはいきません!!

[PR]
Commented by vivaboca at 2006-09-22 04:17 x
もう前回といい、今回といい・・・。
絶対あるはずない?(去年探した時もなかったので・・・)栗を思わずスーパーで物色してしまう私です。
いや全然負けるどころか、秋刀魚も魅力的だけど(笑)、ほんとに美しいお菓子ですね。栗の畑、yoshinoさんのお店まで見に行きたいくらい!
以前、友達と栗羊羹を2人がかりで作ったのですが、栗を蒸して漉して・・・それはもう大変だったけれど、懐かしい思い出です。
↓の栗拾いも捨てがたい!(=食べてみたい!)なァ・・・。
Commented by b_kuchen at 2006-09-22 05:41
あぁぁぁぁ・・・・気絶。
切ない、切ないよぉ~。大好きな栗の和菓子を写真で眺めるだけなんて。
本当に贅沢な栗蒸し羊羹ですね~。吉野さん太っ腹♪
今からすぐに里帰りしたいよぉ~。
突然、「兄貴が結婚式をする事になった。」とか帰る理由ができないものですかねぇ。(笑)
一応、ミュンヘンだとフランス産とイタリア産の小粒な栗が出回るので、今年は勇気を出して買ってみようかと思っています。
不味かったら・・・ショック・・・。
Commented by 五月猫 at 2006-09-22 08:31 x
皆様、そーですよね。見るだけって 辛いわぁ・・・
我が家から行けない距離じゃあありません。ただ ここんとこ
ダーリンの入院とかで ご無沙汰しちゃっていて。
「和菓子欠乏症候群」であります。
Commented by y-haramaki at 2006-09-22 09:25
うぉ~わぉ~~~。最近ひたすら、思いにふけっている栗蒸し羊羹。
鉢の木の面影をこのしつつ、栗のヴォリュームは、こちらのほうが
上手のような・・・・
お味は、同じですか?これを、冷凍してサクサクで食べるのも
スキだったんですけど・・・・
吉野さんちの栗蒸し羊羹も食べたいです!!
近所にいたら~~~~即買いに行っているのに~~~残念。
Commented by tnk_atk at 2006-09-22 15:32
ここのブログをみてる人みんな、溜息ついてらっしゃるんでしょうね〜
一年に一度でいいから毎年食べたいです・・・

あんまり上にのってる栗がまるまるして可愛らしいので、御月見っぽいなぁともおもいました。ほーんとに立派な栗ですね。
こっちはせいぜい焼きぐりとマロングラッセかなと思います。対抗できません・・・
Commented by 五月猫 at 2006-09-22 20:13 x
マロングラッセ好きでーーーす♪

栗蒸し羊羹を買うでしょう? で「一切れに一個の栗」になるように切り分けるじゃないですか、普通。すると ダーリンは「パクッ」と・・・・
あーーーーーっ○○円っ とか思っちゃうんですよ、私。
高いんだから「味わって食え」(^_^;)
Commented by ippopotamoo at 2006-09-22 21:09
↑tnkさんの読み通り、溜息ついてます・・・。悶々・・・・・!!
これくらいたっぷりとクリを入れた蒸羊羹、やりますともぉ~!そろそろ栗もお目見えしてくることだし、ちょっと奮発して大粒の栗を一杯買います!ところで、栗のシロップ煮をつくるコツなどあれば、是非教えてくださいませ!やっぱり、生のままガリガリ向いてから蒸した栗を、シロップで煮るのですよね??


Commented by wagashi_yoshino at 2006-09-23 22:25
●vivabocaさん
お彼岸で忙しくて、返事が遅くなりました。
こちらは今が栗の旬。毎年のことながら秋を代表する和菓子食材なのでショーケースに並ぶ商品も栗の入ったものが、かなり多くなります。
2人がかりの栗羊羹たいへんでした~生の栗から作るお菓子は手間がかかりますが、その分美味しく頂けるものですよね。
Commented by wagashi_yoshino at 2006-09-23 22:25
● b_kuchenさん
そんなぁ~気絶しないで・・・(笑)
大粒で軟らかくて、しっかり味のある栗ですから食べ応えありますよ。
栗和菓子もいろいろありますが、やはり蒸し羊羹との相性は抜群でしょうね~。和菓子でも相性の良し悪しがあるものです。
イタリア産の栗って、あの焼き栗に使われているものですよね。生のものは取り扱ったことがないので、すごく興味があります。
勇気を出して買ってみて下さい。栗レポートも期待しちゃいます。
Commented by wagashi_yoshino at 2006-09-23 22:25
●五月猫さん
まぁ、お正月頃まで販売していますから、大丈夫ですよ。
一口に栗蒸し羊羹といっても、じつに様々なものが売られてます。
ご近所のものも食べ比べてみて、またご感想をお聞かせください。
がんちゃん、お大事にしてくださいね。
Commented by wagashi_yoshino at 2006-09-23 22:25
●y-haramakiさん
懐かしいかもしれません~特にy-haramakiさんにとってはね♪
修行先で習得したものでも、自己流にアレンジするものとなるべくオリジナルを保つものがありますが、この栗蒸し羊羹は後者。それだけ完成されたレシピなので、アレンジするのがもったいないのです。
こちらの栗は、業務用缶の蜜漬け栗を使用しています。
えっ!冷凍栗蒸し羊羹?!冷たそう!!
Commented by wagashi_yoshino at 2006-09-23 22:26
●tnk_atkさん
お彼岸でおはぎ作りに追われてました~。
吉野の栗和菓子でも一番人気なのが、コレ♪
毎年待っていてくれるお客様もいて、本当にありがいたいです。
ふっくらとした大粒の栗、秋の夜空のお月様にも見えますね~。
こわれやすく取り扱いも丁寧になりますが、その分じっくり味わえる秋の逸品だと思います。
Commented by wagashi_yoshino at 2006-09-23 22:26
●五月猫さん
高いですかね~でも、栗も高価なので、その分美味しいでしょ。
ゆっくり、味わってお召し上がりください(笑)
Commented by wagashi_yoshino at 2006-09-23 22:28
●ippopotamooさん
おっ!チャレンジされるのですね~応援しますよ。
大粒の栗も手に入るようです・・・蜜漬け栗のコツですか?・・・基本ですが新鮮なうちに剥き、蒸気で蒸し上げた栗は熱々うちに蜜漬けします。その後は自然に冷ますより、容器ごと冷水で熱を取り去るほうが
色やけしない様ですよ。吉野が栗を蜜漬けする場合のシロップは基本の水1:砂糖1で仕込んでいます。
仕込むのにちょっと手間がかかりますが、頑張ってくださいね!!
Commented by ippopotamoo at 2006-09-24 05:58
プロからこんな秘訣を教えていただいてよいんでしょうか・・・。ありがとうございます!

蒸羊羹は大好きなので、頑張ってみます。生栗を剥くのが相当大変だと思うのですが、蜜付けにすると日持ちもするので栗が終わってしまう季節にも楽しめますよね・・・。それが一番の狙いかも(笑)
Commented by wagashi_yoshino at 2006-09-25 09:21
●ippopotamooさん
お彼岸もピークを終えて、やっと通常モードになりそうです(笑)
あくまで基本的なことですので、やってみて自分流のコツも見つけてみてくださいね。頑張れ!ippopotamoo!!TBも期待!
美味しいものを保存できるのが蜜漬けの最大メリットでしょうね。
TBSテレビの番組「情熱大陸」に登場していた主婦の森岡尚子さんも保存目的のビン詰めを沢山作っていらっしゃいました。
http://mbs.jp/jounetsu/2006/09_03.shtml
Commented by SAKURA-MOCHI at 2006-09-25 16:23 x
おお〜感動!
羊羹(特に水羊羹)は苦手なんですけど、蒸し羊羹は好きなんです。
栗が・・・大粒! こんな贅沢な栗蒸し羊羹、見たことないですよ!

日本は秋になると栗のお菓子がたくさん出回りますよね。
でも、アメリカでは栗のお菓子の存在自体見たことありません。
栗大好きなのにい。。。(T-T)
Commented by wagashi_yoshino at 2006-09-26 10:52
●SAKURA-MOCHI さん
同じ羊羹でも、水羊羹と栗蒸し羊羹ではまったく別物ですね。
メインの秋和菓子なので思い切って大粒をド~ンと!!(笑)
半分なんて言いませんよ。このボリューム、サクラさん好みでした?
アメリカは栗のお菓子が少ないのでしょうか?なぜでしょう??
この時期日本のスーパーマーケットでは栗やさつま芋を使ったパンや洋菓子や和菓子で溢れ返っています。食文化の違いですかね。
Commented by orangeao at 2006-09-26 11:58
あぁぁ・・・栗たくさんじゃないですかーっ。蒸し羊羹の栗の量ってやっぱり値段と比較なんですかね。こんなにたくさん入っていたら、どこ食べても栗でしょう?切り分けたときにケンカにならなくていいなぁ。
Commented by wagashi_yoshino at 2006-09-27 00:43
●orangeaoさん
同じ量の栗でも等級(グレード)の質によってかなり幅があるが栗の原価です。S・M・L・LLといった「粒の大きさ」や軟・極軟等で表示する「やわらかさ」で、だいぶ違いますね。
五人で分けると上の四つの粒栗の切り分け方が、問題になったりします。一人で食べちゃうなら、別ですけど(笑)
Commented by mashiro30 at 2006-09-27 21:35
悶絶です。
栗のこの大粒ぐあい、照りつや、小豆のきれいな色・・・。
食べたいです、食べられる人が本気でうらやましいです。
棹物のお菓子を見ると、いまだに手でむしって食べたい衝動にかられます^^;
昔はできたけど、今はそんな贅沢はできないので、
柄にもなく一切れずつ切って食べます(でも大きめで)。
蜜漬け栗の畑、夢の世界です。

Commented by amamori120 at 2006-09-27 22:39
今晩HA。 雨漏り書斎主人と申します。 或るブロ友さんに教わって参上いたしました。 こちらの大々ファンということです。
率爾ながら、リンクさせて頂いて、ちょくちょくお邪魔させて頂こうと存じます。
Commented by wagashi_yoshino at 2006-09-28 01:18
●mashiro30さん
さすがに丸かじりするやつはいないと思うけど、そんな衝動にも駆られるほどのボリュームです。
もしやったら、さぞダイナミックな光景でしょうね~(笑)
棹物という言葉が出るあたり、さすがマシロちゃんです。
通常の和菓子より長く大きい棹物は、どうしても単価が高くなるのでお客様も吟味して購入します。だから和菓子屋も自然と力が入り、より美味しく魅力的にしようと思うわけです。
Commented by wagashi_yoshino at 2006-09-28 01:18
●amamori120さん
いらっしゃいませ、はじめまして!
早速リンクして頂きまして、ありがとうございます。
毎日和菓子作りをしながらの不規則な更新にも関わらず多くの方々にご覧頂いているようで、とても恐縮しています。
作り手側からみた和菓子ネタなど紹介できたらと思いますので、また遊びにきて下さいませ。
Commented at 2006-09-29 07:38
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by wagashi_yoshino at 2006-09-29 09:49
●鍵コメ2006-09-29 07:38 さん
でしょ!秋のオススメ和菓子ですから、このくらい栗を入れないと(笑)さつま芋も美味しいですよね~。この際スィートポテトも作っちゃおうか(笑)う~ん、最近どうも食欲の秋です。
了解しました。嬉しい~教えてくれて、ありがとうございます。
早速、遊びに行きますね。
by wagashi_yoshino | 2006-09-22 01:41 | 秋色の頃 | Comments(26)

駿河湾の潮風に吹かれて。海辺の町の和菓子屋blog。手づくり工房から和菓子の愉しさ紹介します。


by wagashi_yoshino