艶袱紗

c0050395_1849276.jpg


今週はずっと、たまっていた春和菓子の仕込みで
あっという間に過ぎていった一週間。
なんとも時間が足りない!
おまけに月末の和菓子セール「晦日市」で
豆大福の特売も重なって
相変わらず、どたばたとしています。

このブログ経由で
アメリカ・カリフォルニアのお客様から
和菓子のお問い合わせを頂いたり
スペイン・カタルーニャのtomoと
苺のおひな餅づくりの相談にのったり
メールでのやり取りも国際的(笑)
今日は今日で
和菓子の技能アップを目指した講習会もあったりして
忙しい日々を過ごしています。

本日の和菓子は『艶袱紗』
その和菓子講習会での受講品です。
当て字ですが「つやふくさ」と読ませます。

表面の凸凹は生地を焼いたときに出来る気泡。
そのデコボコを、そのまま表面にしてしまったわけです。

どら焼きのように鉄板で薄く焼かれた若草色の生地。
気泡は軽く潰し乾燥焼きして
潰しあんを芯に、ふんわり包みこみます。

早春の陽だまりの中の「艶袱紗」が
とても、のどかな感じでした。

どちらかと言えば数十年前に流行ったもので
昔懐かしいという感じの和菓子。
「最近の若い職人はこんな和菓子を作らなくなったから
原点に返って新しい感覚なんですよ・・・」とは
講師の先生の弁。


[PR]
Commented by 五月猫 at 2007-02-27 08:58 x
春の野辺ワラビ摘みするうららかに   雑詠

忙しいのはいいことですね? 風邪も寄り付かないと思いますよ
春らしい色合いの そうですね、懐かしい趣の和菓子ですね。
Commented by emilia2005 at 2007-02-28 01:31
『艶袱紗』…
ううぅぅぅ、読み仮名がなかったら読めなかった(汗)
こんな感じの素朴な和菓子を亡き祖母が
よく作ってくれたものでした。
中に入れるのは粒餡。
わらび?の焼き模様が素敵ですね。
Commented by wagashi_yoshino at 2007-02-28 10:26
●五月猫さん
さすが・・・心も和らぐような句ですね。光景が目に浮かびます。
定期的に行う和菓子講習会は実習形式で皆で作りながら進めていくので、眠くなることもなく(笑)楽しく実技をしています。
忙しい合間を縫うような勉強会ですが、今の技術におごることなく、もっともっと上を目指さないとね。
Commented by wagashi_yoshino at 2007-02-28 10:27
●emilia2005さん
ごめんなさいね。こんな、当て字をつけてしまって(笑)
「つやふくさ」は「つやぼくさ」とか「ちゃぼくさ」など、いろんな呼び方をされているみたいです。おうちで和菓子を作られたなんて、とても素敵なお祖母様ですね。ご家庭で作る和菓子は美味しいんですよ!低甘味で、出来たてで、なにより愛情がこめられてますからね~。そう、焼印はわらび(蕨)です。
Commented by musiqueespoir at 2007-02-28 14:38
色も形も、気泡からできた生地も、焼き鏝の蕨とても、すてき!!自然な感じですね。御銘は、「下萌え」「芽生え」??
Commented by wagashi_yoshino at 2007-02-28 23:48
●musiqueespoirさん
窓から差し込む早春の陽光に誘われて撮影したのですが、実は窓枠のギリギリの場所に菓子器を乗せているので冷や汗かきながらの撮影でした(笑)表面がデコボコしているので焼印には不向きだったのですが、印影ひとつで上品な生菓子になります。
この時期ですと早蕨なんでしょうが、暖かすぎて変な感じ。
そうですね~「下萌え」や「芽生え」も、とてもいい菓銘です。
それではmiyakoさんの名付けられた通り『芽生え』にしましょう。
Commented by ゆうけい at 2007-03-01 15:33 x
わぁ~っ!おいしそうです~!
ふわぁ~って感じが画像から伝わってきます!
春ですね♪
Commented by kyoko at 2007-03-02 00:59 x
はじめまして。
アメリカ、ミシガン州からの書き込みです(笑)
ある方のブログから大好きな<和菓子>の文字を見つけ
早速クリック!
なに?なに?駿河湾?日本の我が家のご近所さん?
おっと違いました。
日本に置いてきている<我が家>は裾野市です。
駿河湾と読み沼津の方かと~(早とちり)
息子が今浜松の大学に在学中です。
そんなご縁もあり、焼津はなんか身近に感じます(笑)
先日、日本に出張に出かけた夫に
<麩饅頭>買ってきて!となんどもお願いしてたのに
ゲートをくぐった後に探したようで<ここには無いといわれた>と帰って来ました。
ああああ、この10日間、
麩饅頭が食べられる事だけを楽しみに待ってたのに。。。
ほんとっ!正直<ムッ>とした妻です(笑)
こちらのHPみて笹野葉麩まんじゅうを見つけよだれだらだら~。
今月末に一時帰国の予定があるので
今度は絶対食べてやるううう。。。。
いつか是非お店にも寄らせてくださいね。

Commented by wagashi_yoshino at 2007-03-02 01:51
●ゆうけいさん
そうなんですよ~この和菓子は見た目からもやわらかさを感じますけど実際、ふんわり気泡で包み込んだような和菓子です。
静岡は暖かな日々が続いて、もうすっかり春のようです。
和菓子業界も季節のお菓子を早め早めに始めているようで
いつもは桃の節句の後から出てくる柏餅などもショーケースに並んでいます。 
Commented by wagashi_yoshino at 2007-03-02 01:52
●kyokoさん
いらっしゃいませ、はじめまして♪
裾野市にご自宅があるのですね~同じ静岡なので、よく沼津と間違えられます(笑)焼津は静岡市の隣なんですね。
麩饅頭がお気に入りのようですね。夏和菓子として扱っているお店も多いですから、電話などでご確認されてからのほうが確実に手に入ると思います。吉野も冬の間は、販売休止しています。
今、アメリカ・カリフォルニアにお住まいの方と通販のやり取りをしているところでしたので、その方のブログなのかな~?
kyokoさんのご来店を、心よりお待ちしております。
by wagashi_yoshino | 2007-02-26 19:00 | 愛しのおやつ | Comments(10)

駿河湾の潮風に吹かれて。海辺の町の和菓子屋blog。手づくり工房から和菓子の愉しさ紹介します。


by wagashi_yoshino