苺のおひな餅

c0050395_22112516.jpg


パソコンは、もともとMac育ちです。
使い勝手がよいシンプルなOSが魅力でした。
ホームページもMacで自力構築していたのですが
愛機のi Macが突然、故障してしまいました。

たまたま、仕事用ノートパソコンは
会計ソフトを駆動するためにWindowsだったので
そのままWinユーザーに・・・。

とりあえず更新できないホームページの代わりに
なんとか吉野情報を発信したい。
それがきっかけで始めたのが、このブログですから
世の中何が起こるかわかりません。
今では、メインの情報サイトです(笑)

Windowsの環境になってから
まだ二年程度しか経っていません。
ワードやエクセルも見よう見まね、自力で覚えました。
それが悪かったのでしょうね。
先日もワードで商業情報チラシを入力していて困り果てました。
イラストや写真を挿入すると
どうしても、全体がずれてしまいます。
何度やっても、いろんなことを試しても、ずれてしまうのです。
締め切りがある原稿だったので
商店街仲間の超Winユーザーに泣きつきました。
ずれる理由を教えてもらい、難を逃れましたが
聞いてみれば、とても基本的なこと。

基本を覚えるのは、何でも大切なんだな~と実感。

さてさて、3月は桃の節句の雛祭りということで
本日の和菓子は『苺のおひな餅』

桜餅の焼き皮生地を着物に見立てた
可愛い和菓子のお雛様。
苺の下には、自家製小豆こしあんが入った
変り桜餅です。

いちご大福ならぬ、いちご桜餅ですね。

スペインのブロ友「カタルーニャバンザイ」のtomoから
相談されていた和菓子が気になっていたのですが
(いきさつはココ)
先日の和菓子講習会(和菓子職人が勉強する為の講習会)
で作る機会があったので
講師の先生に教えてもらいながらチャレンジしました。

今頃tomoは、最後の仕上げに取り組んでいる頃です。
ちゃんとできたかな~?


[PR]
Commented by tnk_atk at 2007-03-03 07:42
ほんとにおひな様ですね。
形を変えればこんなに雰囲気が変わるなんて!
tomo さんのほうの出来も楽しみですね。

うちは翁をMacに変えつつあります。只今注文中!!
でも、imacにwindowsもインストールする訳ですけれども。
ふふf、yoshinoさん、そろそろマックに戻って来てくださいな♪
Commented by ゆうけい at 2007-03-03 11:34 x
かわいい!かぶりつきたいけどかぶりつけないかも(笑)
Commented by 五月猫 at 2007-03-03 19:37 x
まさに 季節のお雛様ですね♪ 
しっかり見つめて しっかり味わう、です~
Commented by amamori120 at 2007-03-03 21:53
感心して眺めさせて貰いました。
よしのオリジナルですね ♪
Commented by vivaboca at 2007-03-04 00:17
お雛様ですね。ほんと、着物の襟だ!と思いましたもの。yoshinoさんの解説にたどり着く前にしっかりと。tomoさんのところのお菓子、どんな風に仕上がっているのだか私も気になります♪
そうそう、何が起こるかわからないといえば、私も趣味でやってきたこと(音楽)がこちらで仕事みたいなことになってきていて、「人生って分からないものだなぁ。」と思っていたところでした。和菓子作りだって、ブログを始めていなかったらきっとこんなに楽しいなんて知らなかっただろうし。人生何が起こるか分からないから楽しい、ともいえますね、きっと。
Commented by ぐ~ at 2007-03-05 00:27 x
創作和菓子ですねぇ。凄いですねぇ。ため息出ます。美味しそう。
いろいろ並べ立てましたが、この感動をどう言ったらいいか。。。。。
駿河の国は遠いなぁ。
Commented by wagashi_yoshino at 2007-03-05 01:26
●tnk_atkさん
果たしてtomoはうまくプレゼントができたのでしょうか?
Winの良し悪しを感じながら2年が過ぎましたが、いまだに馴染めない自分がいます。Winは最小限の必要性も感じているので出来れば使い分けできる環境が欲しいところ。両刀使いは無駄が付きまとうけれど、自分の力量が発揮できるのはやはりMac環境です。
Commented by wagashi_yoshino at 2007-03-05 01:27
●ゆうけいさん
食べるのには、ちょっと、ためらいを感じてしまいましたか?(笑)
可愛さをアピールする和菓子表現の難しい一面でもありますね。
でも、この際思い切って「かぶりついて」くださいませ。
Commented by wagashi_yoshino at 2007-03-05 01:27
●五月猫さん
上のゆうけいさんのコメントにも書きましたが、最終的に味わってもらいたいために作った和菓子ですから、正しい頂き方です(笑)
感情を込めてしまい過ぎると、いけませんね。
Commented by wagashi_yoshino at 2007-03-05 01:28
●amamori120さん
これは吉野オリジナルではなく、講師の先生の手作りなのです。
こうやってお互い和菓子職人ではあるのですが、経験の長い方の手ほどきを受けながら実践的に技術表現を身につけていくやり方が一番習得しやすいのですね。大切な学習方法です。
Commented by wagashi_yoshino at 2007-03-05 01:28
●vivabocaさん
初節句の和菓子をtomoから相談受けたときから、ずっと気にかけていたことなので、今回こうして関連記事をアップしてみたわけです。
「人生なにがおこるかわからない」人生だからこそ、ひたむきに付き合っていけるのかもしれませんね。タイムマシンで覗いてきたしまった人生なんて絶対つまらないと思います。
Commented by wagashi_yoshino at 2007-03-05 01:37
●ぐ~さん
遠いところで起こった出来事を覗き見るブログの面白さです。
実際お近くの方でこのブログをご覧頂いて、ご来店頂いたこともあるのですが、行きたくても行けないからこそコメントする、コメントしていただけるのです。駿河の国は遠いなぁ~これも身にしみる嬉しいコメントですよ。ありがとう、ぐ~さん。
Commented by tomo114t at 2007-03-05 03:48
師匠ー!無事終了してますけど、記事にもしたいんですけど、忙しくって(言い訳)お見せできないでいます。本当にお世話になりました!また折あるごとに作りたい和菓子です。味が、とっても美味しかった!さすが吉野のレシピですね。詳しくは後程...tomo
Commented by wagashi_yoshino at 2007-03-05 17:04
●tomo114tさん
おっ!出来たんだね。よかった、よかった・・・これで一安心。
tomo手作りのお菓子たちがジュリアちゃん一家の初節句を祝福するのに、吉野が少しでもお役にたってよかったです。
忙しいのはいいことです。ブログ記事を更新できないジレンマで歯がゆい思いもするけど、やはり実生活優先です。記事の間隔は空いても継続していくことが基本の基本。
じゃ、あとでゆっくり・・・TBを期待して待ってます。
Commented by waltz-life at 2007-03-05 17:31
はじめまして、tomoさんのとこから飛んできました。
久々に見た和菓子の数々(しかも写真がとてもきれいです!!)
鮮やかな色合い、細やかな手作業を感じさせる出来上がり、
スペインでは考えられません。
わたしもお菓子作りに携わる者として、やはりいつかは和菓子をこちらの人に試してもらいたいと思っています。
これからもお邪魔させていただきます。
リンク、頂いて行きますね。
Commented by nekonomomo at 2007-03-06 00:06
季節感たっぷりな和菓子ですね!とってもおいしそう。
あ~ホント近所に吉野さんのお店があれば良いのに~><
いつか、食べてみたいです!
Commented by SAKURA-MOCHI at 2007-03-06 00:57 x
私も、生粋のMac育ち!?です・・・というか、でした。笑
研究の世界、特に生物系ではMacが多いんですよ。画像、ドローソフトはMacの方が優秀ですから。
でも、今の仕事ではWinを使ってます。
最近ようやく慣れて来ましたが、個人的にはMacの方が使いやすいです。。。

おひな様のイチゴちゃん、可愛いですね。
子供が喜びそう〜。私は今年は特に何もせず・・・終わってしまいました。笑
そう言えば、実家に居た時は母親が毎年、ちらし寿司を薄焼き卵で包んで、こんな風に内裏様とおひな様を作ってくれました。ね・・・。
Commented by wagashi_yoshino at 2007-03-06 12:56
●waltz-lifeさん
いらっしゃいませ、はじめまして♪
tomoと同じくスペインでお菓子を作っているのですね!やった~仲間、仲間。リンクフリーです・・・ありがとうございます。
和菓子は、色・形・味に季節感を求めることも多く、それが日本の食文化にも通じています。手をかけ過ぎても生産性が悪くなるので、作るテンポやリズムも必要。つまり作る手際のよさです。
国やジャンルは違っても同じ菓子作りの仲間として、これからもお付き合いくださいませ。和菓子作りは出来る範囲でバックアップしますし、こちらが教えてもらうこともありますからね。
Commented by wagashi_yoshino at 2007-03-06 12:56
●nekonomomoさん
これ和風クレープとでも言ったらいいのでしょうか。
薄く焼き上げてありますが、焦げ目はついていないので、しっとりとモチモチ感があって、中の苺とこしあんとのバランスもいいです。
春の和菓子は、いつの間にか苺などのフレッシュ果実を取り込むようになりましたね。古くから伝承されてきた和菓子も時流と共に変化しているわけです。
Commented by wagashi_yoshino at 2007-03-06 12:57
●SAKURA-MOCHI さん
そんな気がしていました(笑)ラボでは画像や精密写真を扱うことも多いでしょうから、Macが優位なんでしょう。
今の仕事ではWin・・・同じような環境です(笑)やはりMac育ちにとっては、OSの操作性でもMacが使いやすいですよね~。
お母様の作ったちらし寿司のお雛様、可愛いでしょうね。
お雛様の散らし寿司って、和菓子づくりと合い通じるものがありますから、結構参考にしたりするのですよ。
Commented by go2rumania at 2007-03-06 17:05 x
ohhh ^-^* いいですね~ いいですね~ 桜餅!
しかも x お雛様、こういうの、外国の人に 食べさせて
あげたいですね。よくこの時期は、お雛様のカード(開くと
お雛様の段がずらりと並ぶタイプ)をプレゼント
して 桃の節句について説明するんですよ。
*ちなみにルーマニアは、もうすぐ・・・ あさってですね@8日
女性の日(大人も含む・笑)になり、花束攻撃になります :)

実は、、ダンディーと自称?のルーマニア人友人(40代後半)
をUpしてみました。以前20代美男子のときには、吉野さんも
男性から見てもカッコいいとコメントくださりましたが、彼は
どうでしょう???お時間あるとき、男性代表として(^-^*
コメントいただけたら嬉しいです♪
Commented by wagashi_yoshino at 2007-03-06 19:24
●go2rumaniaさん
外国の人にとって桃の節句やお雛様のお祝いは、どんな印象を持たれるのでしょうね?とても興味があります。
女性の日ですか!マニアさん美人だから、さぞ沢山の花束を貰うんだろうな~。女性の日もブログで紹介くれたら嬉しいです。
最近の日本ではその世代の男性を「チョイ悪オヤジ」なんて呼び方もあるけど、ダンディーとはまったく「別モノ」でしょうね。
男から見ても美男子は美しいし、ダンディーはカッコいいわけです。
もちろん女性を見るほうが好きですけど(笑)
Commented by ☆★*:;;;すずらん;;;: at 2007-03-06 23:41 x
TOMOちゃんのところから来ました。
東京にいた時は一緒に食べ歩きなどしていました。
今はマクロビオティックの勉強をしています。
Commented by wagashi_yoshino at 2007-03-07 18:41
●すずらんさん
はじめまして、いらっしゃいませ。
東京で食べ歩きですか~自分も東京にいた頃は食べ歩きしましたよ。でも。どちらかというとお菓子屋さん巡りでしたね(笑)
調査や試食が目的なので1個とか平気で買い物してました。
大きさや重さ、糖度など測ってから、ゆっくりじっくり少しづつ味わいながら食べてました。
お菓子に関しては、どうにも仕事が離れません。
by wagashi_yoshino | 2007-03-02 22:16 | 気まぐれ和菓子 | Comments(24)

駿河湾の潮風に吹かれて。海辺の町の和菓子屋blog。手づくり工房から和菓子の愉しさ紹介します。


by wagashi_yoshino