お彼岸だんご

c0050395_1895542.jpg


今日は彼岸の入り。

お仏壇のある家では「お彼岸だんご」をお供えします。
吉野の「あん」は自家製餡。
小豆を煮て家取り(うちどり)した「こしあん」の風味が
あんのからんだ、お団子からも香り立ちます。

和菓子屋の我が家にも先代のお仏壇があるので、当然お供えします。

お彼岸の入りには、自家製かつ、出来たての『あんだんご』を
一番にお供えできるはず・・・でした。

しかし、とにかく和菓子屋の朝は忙しい。
特に「お盆・彼岸」は超多忙。
それこそ出来たての『お彼岸・あんだんご』を買い求めて
早朝からお客様が、やって来ます。
開店前の、お店のシャッターを開けて
入ってくるお客様もいたりして
一人、二人・・・三人、四人、・・・五人。

接客に追われている内に開店時間になってしまうことも多く
ふっと忘れてしまうのです。

我が家の仏壇に、お供えする事を!!

お店が一段落する午後辺りに気がついて
ようやくお供えしたことも一度や二度ではありません。
夏のお盆のときも、お供えするのが遅れてしまったので
今回は、忘れずに朝一番でお供えできました。

「し~ん」と静まり返った畳の部屋
お線香の香りが漂う中で
お仏壇に手を合わせて、心静かにお祈りします。

和菓子屋「吉野」を創業した祖父母の遺影は
お店を、ずっと見守っているかのように笑顔でした。

「みんな元気に、やっていますよ」

天国の祖父母も
孫の作った、自家製『お彼岸だんご』を
待ちかねていたでしょうね。



[PR]
Commented by ぐ~ at 2007-09-20 22:20 x
和菓子屋さんの場合の自家製の定義は、どうなっているのでしょうか?
お台所で作ったものでなく、お店で作ったものも自家製?
お店のもはすべて自家製ということですね。
ご先祖様に、合掌
Commented by emilia2005 at 2007-09-21 03:41
お久し振りです。
明日はお彼岸ですね。
お祖父母さまは可愛い孫が心を込めて作ってくれたお彼岸団子を
2人して仲良く分け合って召し上がっていらっしゃることでしょう。

↓私の大好きな栗がたっぷりの栗蒸し羊羹!!
ああ、秋ですね~。日本の栗はイタリアのより大きくて
ほくほくりしているような気がします。
Commented by amamori120 at 2007-09-22 22:25
ご先祖様は何を措いても大事にせなあきまへんな♪
吉野師匠の心がけの良さで商売繁盛間違いなし ♪

それにしても、この生唾どないしょー?
Commented by wagashi_yoshino at 2007-09-23 18:16
●ぐ~さん
お彼岸で忙しく出遅れました。いい質問ですね~。
一般の方から見れば、和菓子屋の自家製とは不可解かもしれません。
商品の場合、既製品を取り寄せるお店があります。それは袋菓子だったり、冷凍された和菓子だったり、脱酸素剤入りの和菓子だったりします。
したがって台所で作ったものは自家製とは言いません。強いていうのなら
家庭製とでも言うのでしょう。
そういう物と区別する意味で、原材料からお店で作ったものが自家製。

あんの場合、どこの町にもあんこ屋さんがあって、絞った生あんを配達してくれます。和菓子屋は配達された生あんに砂糖を入れて煉り、各種のあんこにするわけですが、原材料の見極めは「あんこ屋」さんまかせになってしまいます。
そういう意味で、自家製餡は吉野の「こだわり」です。
Commented by wagashi_yoshino at 2007-09-23 18:17
●emilia2005さん
お彼岸で忙しく出遅れました。
祖父母もお彼岸で忙しいことは、よくわかってくれていると思いますから
お供えに来るのが遅いってことは、忙しいだな~って思ってくれていると
自分勝手に思っています(笑)
イタリアの栗は、蜜漬けのようなことはしないのでしょうか?
「焼き栗」が有名ですよね~。でも味わったことがないんです。
Commented by wagashi_yoshino at 2007-09-23 18:19
●amamori120さん
お彼岸で忙しく出遅れました。
はい、わかりました師匠!何を措いても大事にするよう心がけます。
ご先祖様あっての今なのですからね。大事、大事に致します。
お彼岸だんごは、なんせ日持ちがしません。通販も出来ません。
出来たての自家製餡こしあんに、出来たての上新粉だんごをからめて
やわらかなうちに頂くわけです。
とりあえず、生唾は飲み込んでくださいませ(笑)
それから、お彼岸目掛けて吉野へお出で頂くほかないようです。
Commented by chiro at 2007-09-24 09:29 x
はじめまして、素敵な和菓子屋さんのブログですね!
どれもこれも写真が素敵で、お茶と一緒にいただきたい和菓子
ばかり。。

お彼岸の接客、お疲れ様でした。忙しかったことでしょうね。
TBとお気に入りに入れさせてもらいます。
Commented by wagashi_yoshino at 2007-09-25 00:42
●chiroさん
はじめまして、いらっしゃいませ♪
和菓子工房での日々の手作り和菓子をご紹介しています。
作り手にとっては一番のお褒めの言葉、ありがとうございます。
忙しくなるとアップも出来ない不定期なブログですが、また遊びに
来てやって下さいませ。
コメント&TB&お気に入り、嬉しいです~ありがとうございます。
Commented by ぐ~ at 2007-09-25 22:01 x
自家製手作りの意味、大納得しましたぁ。
こだわりの味ですね~。
Commented by wagashi_yoshino at 2007-09-27 01:36
●ぐ~さん
和菓子屋も、すべてを自家製にすることは難しいもの。
吉野も、あられやせんべいを販売していますが、100%仕入品です。
いくら自家製にこだわっても、専門分野には手が出せないわけです。
ただ自家製できる商品を、仕入れに頼るのはなるべく避けるべき。
あんの場合も、自家製餡をしているお店の方が明らかに少ないのではないでしょうか。「自家製餡する、しない」は、和菓子店の経営方針にも通じる「根幹を成すもの」なのです。
by wagashi_yoshino | 2007-09-20 18:11 | 工房レポート | Comments(10)

駿河湾の潮風に吹かれて。海辺の町の和菓子屋blog。手づくり工房から和菓子の愉しさ紹介します。


by wagashi_yoshino