茶席上生菓子『皐月つつじ』

c0050395_2145842.jpg

世間はGW連休真っ最中ですが
和菓子屋は端午の節句、柏餅で書き入れ時。
あいにくの雨天となった「こどもの日」に
暇を持て余した子供たちは自宅の廊下で大運動会をする始末。
我が家は賑やかな端午の節句です。
そして、このブログは毎年当たり前のように
柏餅ネタじゃなく・・・(笑)

本日の和菓子は
茶席上生菓子 『皐月つつじ』

広く皐月(さつき)と呼ばれている花です。
つつじに比べ一ヶ月程度遅い旧暦の五月(皐月)の頃に
一斉に咲き揃うところからその名が付いたと言われています。
本来は渓流沿いの岩の上に生育し
増水時に水をかぶっても引っかからないような
低い姿勢で生育していったものだそうです。

岩に見立てた黒胡麻煉切は一部を白煉切でぼかし
潰しあんを芯に包んで上部を窪ませます。
若葉色と薄紅に染め分けた煉切は
目の荒さの違う「ふるい」でそれぞれ、こし出し
皐月つつじの「葉と花」にして
先のとがった「和菓子箸」で窪みに植えつけます。

一見華麗な「さつきの花」も、粗雑な岩間で生き残るため
環境に順応して岩の隙間に必死に根を下ろし
しがみ付きながら今まで生きてきたのでしょう。

こ皐月つつじのような「たくましさ」や
生きていく上での「順応力」を
子供たちにも身につけて欲しいものです。

[PR]
Commented by ぐ~ at 2008-05-06 19:57 x
ほんとに、お忙しかったことでしょうね~。
端午の節句は、美味しいお菓子がいっぱいですもの!
私も、食べるのに忙しいっすよ~。
今日から、ダイエットの予定なのですが・・・
それはさておき、こんなお菓子を見たら、ダイエットは中止です。
って、いつも中止にしていますが・・・
岩のぼかし、目の粗さの違うふるい、いや~いい仕事してますね~。
じゅるっ・・・また涎です^^;
Commented by wagashi_yoshino at 2008-05-07 01:04
●ぐ~さん
この春は、本当に和菓子作りが忙しくってブログのアップをする暇もないほどでした。私的にはアレコレやりたいことも沢山あるのに、なかなか時間がとれないので毎日歯がゆい思いで過ごしています。
黒胡麻の煉切は、作る直前に胡麻を煎り、すり潰して煉り込むので
香ばしさも楽しめる風味のよい煉切。潰しあんとよく合いますよ。
えっ?ダイエット?大丈夫、1個ぐらいなら問題ありません(笑)
by wagashi_yoshino | 2008-05-05 21:49 | 新緑の頃 | Comments(2)

駿河湾の潮風に吹かれて。海辺の町の和菓子屋blog。手づくり工房から和菓子の愉しさ紹介します。


by wagashi_yoshino