ブログトップ

本日も和菓子日和です

駿河湾の潮風に吹かれて。海辺の町の和菓子屋blog。手づくり工房から和菓子の愉しさ紹介します。


by wagashi_yoshino
プロフィールを見る

かすてら

c0050395_024575.jpg
本日はカステラの焼上げがメイン。
1,000円のかすてらが13本とれる大きな大きなカステラのシートを5枚焼く。

こだわり素材も大切だけれど、吉野のこだわりは『鮮度』
取り寄せたばかりの新鮮な素材を、使う。
一番のこだわりは、これでしょ。





c0050395_0385061.jpg
プロ仕様の大型ミキサーで、卵、グラニュー糖を泡立て、蜂蜜、餅飴、小麦粉をサックリと混ぜ合わせます。
温度、湿度、時間、ミキサー速度で、かすてらの質が決まってくるのです。
出来上がった生地を、安定させるために一度裏ごしにかけます。
これって、意外に大切なんですよ。


c0050395_0473648.jpg

いよいよ、焼き上げ。
かすてらのオーブンは、作業がしやすいように中の大きな鉄板が引き出せるようになっているんですよ。
ひきだした鉄板の上に、かすてら専用の枠(焼き箱)をのせて生地を流し入れます。
これから、およそ1時間焼きます。
右は途中でおこなう『泡切り』っていう作業。
生地の中から泡立ってくる大きな気泡をつぶし、均一なかすてらにするのが目的なんです。
焼き色が付いたら、耐熱性のフタをして本焼きします。
1時間後、なんともいえない甘い香りと共に、ふっくらとしたかすてらが焼き上がります。
(以降は、後日アップいたします)
[PR]
by wagashi_yoshino | 2005-02-18 01:10 | 特別な御注文 | Comments(0)